kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

場所を登録するには

  場所を登録すると、いつでも場所一覧からその場所を現在位置に設定することができます。

  1.緯度/経度/高度の入力

    登録したい場所の緯度/経度/高度を入力します。


  2.場所の入力

    登録したい場所の位置情報を設定します。


項目 概要
都市名 場所の都市名か名称を入力します。
場所が属する国を選択します。
惑星 場所が属する惑星を選択します。

  3.場所の登録

    「リストに追加する」ボタンをクリックします。


  4.登録完了

    以下のように、場所が登録されます。


登録した場所を削除するには

  登録した場所を削除します。
  削除できる場所は、ユーザーが登録した場所だけです。

  1.場所の選択

    削除したい場所を場所一覧から選択します。


  2.場所の削除

    「削除」ボタンをクリックします。


  3.削除完了

    以下のように、選択した場所が場所一覧から削除されます。


自動的に現在地を検出する

  ネットワークの接続状況から、自動的に現在地を検出することもできます。
  画面右下の「Get location from Network」のチェックをオンにすれば、自動的に現在地を検出を行います。


  現在地の検出はバックグラウンドで自動的に行われるため、すぐには反映されません。
  この画面を閉じてしばらく待てば、現在地の検出と反映が行われます。

  検出精度について

    必ずしも正確な現在地の検出が行われるとは限りません。
    ISPに依存するケースが多いでしょう。
    現在地が適切に検出されなかった場合は、自分で現在地を設定してください。

デフォルトの場所を設定する

  デフォルトの場所とは、ユーザーがデフォルトに指定した場所のことです。
  現在地の自動検出と同時に使用することはできません。
  デフォルトの場所を指定すると、場所を一時的に変更しても簡単にデフォルトの場所に戻すことができます。

  1.現在地の設定

    デフォルトに設定したい場所を指定します。

  2.場所をデフォルトに設定

    画面左下の「Use current location as default」のチェックをオンにします。


    以上で設定は完了です。

デフォルトの場所に戻す

  デフォルトの場所を設定していれば、場所を変更してもデフォルトの場所に戻すことができます。

  1.場所の変更

    ここでは例として、デフォルトに設定した場所とは異なる場所を選択しました。


  2.デフォルトの場所に戻す

    画面左下の「Return to default location」ボタンをクリックします。


  3.場所の変更完了

    以下のように、デフォルトに指定した場所に現在地が設定されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション