kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

天体観測画面の使い方

  天体観測画面の使い方です。


  1.空

    上下左右にドラッグするかカーソルキーを押すと、視点を変更することができます。
    またマウスのホイールを回すか、「Page Up」キーや「Page Down」キーを押すと、ズームアップやズームダウンが可能です。(視野角の変更)

  2.現在地

    現在地及び高度が表示されます。

  3.FOV(Field of View)

    現在の視野角です。

  4.FPS(Frames Per Second)

    現在の描画フレームレートです。
    数値が高いほど、滑らかに描画されます。

  5.現在時刻

    現在の時刻が表示されます。

サイドツールバーとメインツールバー

  画面の左端及び下端にはツールバーがあり、マウスカーソルを左端や下端に移動するとツールバーが表示されます。
  左端にあるツールバーがサイドツールバーです。
  下端にあるツールバーがメインツールバーです。

  ツールバーを頻繁に使用する場合、ツールバーを常に表示しておくことも可能です。
  ツールバーを常に表示しておくには、画面左下の「▶」や「▲」ボタンをクリックします。


  「▶」や「▲」ボタンをクリックすると「■」表示に変わり、ツールバーが常に表示されるようになります。

  「■」をクリックすれば、ツールバーを自動的に隠す設定に戻ります。

天体の詳細情報を表示する

  天体をクリックして選択すると、その天体の詳細情報が画面の左側に表示されます。


項目 概要
種類 天体の種類です。
等級 天体の等級です。
大気減光時 大気による減光を加味した時の等級です。
絶対等級 天体の絶対等級です。
Color Index (B-V) 天体のB-V色指数です。
RA/Dec (J2000.0) J2000.0分点の天体の赤道座標です。
「赤経/赤緯」で表示されます。
RA/Dec (JXXXX.X) 現在設定されている日付を分点とした天体の赤道座標です。
「赤経/赤緯」で表示されます。
時角/赤緯 天体の時角赤緯です。(測心座標)
方位角/高度 天体の地平座標方位角高度です。
Ecliptic longitude/latitude (J2000.0) J2000.0分点の天体の黄道座標です。
「黄経/黄緯」で表示されます。
Ecliptic longitude/latitude (JXXXX.X) 現在設定されている日付を分点とした天体の黄道座標です。
「黄経/黄緯」で表示されます。
銀経/銀緯 天体の銀河座標です。
「銀経/銀緯」で表示されます。
Obliquity (of date, for Earth) 現在設定されている日付の地球の赤道傾斜角です。
Distance 単体までの距離です。
AU:天文単位
ly:光年
Mio km:100万キロ
視直径 天体の見かけの直径です。
リングを含む 天体の環を含んだ見かけの直径です。
恒星周期 天体の恒星周期です。
ユリウス年も併記しています。
恒星日 天体の恒星日です。
平均太陽日 天体の平均太陽日です。
位相角 天体の位相角です。
離角 天体の離角です。
位相 天体の位相です。
照度 天体の照度です。
表面温度による分類 天体のスペクトル型です。
両眼視差 天体の年周視差です。
変光周期 天体の変光周期です。
Next maximum light 次に最大輝度になる時間(UTC)です。

  天体の選択を解除するには、適当な場所で右クリックします。

  オートズーム

    「/」キーを押すと、選択した天体にズームインします。
    「\」キーを押すと、選択した天体からズームアウトします。

  天体の詳細情報のコピー

    「Ctrl + C」キーを押すと、天体の詳細情報がクリップボードにコピーされます。

星座線を表示する

  星座線の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「星座線」をクリックします。


  星座線をオンにすると、上記のように星座線が空に描かれます。
  「C」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

星座名を表示する

  星座名の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「星座名」をクリックします。


  星座名をオンにすると、上記のように星座名が空に表示されます。
  「V」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

星座絵を表示する

  星座絵の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「星座絵」をクリックします。


  星座絵をオンにすると、上記のように星座絵が空に描かれます。
  「R」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

赤経/赤緯を表示する

  赤経/赤緯の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「赤経/赤緯」をクリックします。


  赤経/赤緯をオンにすると、上記のように赤経/赤緯が空に表示されます。
  赤経/赤緯については、「赤道座標」を参照してください。
  分点は現在設定されている日付になります。

  「E」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

地平座標を表示する

  地平座標の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「方位角」をクリックします。


  方位角をオンにすると、上記のように地平座標が空に表示されます。
  地平座標については、「地平座標」を参照してください。

  「Z」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

地表を表示する

  地表の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「地表」をクリックします。
  「地表」をオンにすると、以下のように地表が表示されます。


  「地表」をオフにすると、以下のように地表が非表示になります。


  「G」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

方位を表示する

  東西南北の方位の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「方位」をクリックします。


  方位をオンにすると、上記のように方位(東西南北)が表示されます。
  「Q」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

大気を表示する

  大気の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「大気」をクリックします。
  「大気」をオンにすると、空の明るさが時間に合わせて変化します。


  「大気」をオフにすると、常に天体が見えるようになります。


  「A」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

星雲や銀河を表示する

  星雲や銀河の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「Deep-sky objects」をクリックします。


  Deep-sky objectsをオンにすると、上記のように星雲や銀河が表示されます。
  「D」キーを押して表示を切り替えることも可能です。

惑星名

  惑星名の表示・非表示を切り替えるには、メインツールバーの「惑星名」をクリックします。


  惑星名をオンにすると、上記のように惑星名が表示されます。
  「Alt + P」キーを押して表示を切り替えることも可能です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション