kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

BIOSのPCにKubuntu 16.04をインストールする(タイムゾーンの設定 〜 Kubuntuの起動)

BIOSで起動するPCにKubuntu 16.04をインストールします。

BIOSのPCにKubuntu 16.04をインストールする(パーティションの作成 〜 ブートローダーの設定)」の続きです。

10.タイムゾーンの設定

以下の画面が表示されるので、タイムゾーンの設定を行います。

既定で「Tokyo」になっているはずですので、そのまま「続ける」ボタンをクリックします。
もし海外に住んでいる場合、その地域を地図上から選択し該当する地域名を設定してください。


11.キーボードレイアウトの選択

キーボードレイアウト(キー配列)の選択を行います。
「レイアウト」から言語や地域等を選択し、「変種」から該当するキーボードレイアウトを選択します。

ここでは例として、日本語キーボードを利用しているため「日本語」と「日本語(OADG 109A)」を選択しました。


キーボードレイアウトを選択したら「続ける」ボタンをクリックします。

12.ユーザーアカウント

ユーザーアカウントの設定を行います。


あなたの名前

ユーザーのフルネームを入力します。
インストール後に、設定を変更することができます。

ユーザー名の入力

ユーザー名を入力します。
こちらは「あなたの名前」と異なり、Kubuntuがユーザーを一意に識別するIDになります。

入力できる文字は、英数字と一部の記号のみです。

パスワードの入力/パスワードの確認

ユーザーのパスワードを入力します。
ログインする時などに利用されます。

インストール後に、設定を変更することができます。

確認のため、「パスワードの入力」で入力したパスワードと同じパスワードを右側のテキストボックスにも入力します。

コンピューターの名前

PCのホスト名を入力します。
PCのホスト名は、ネットワーク上で表示されるPCの名前です。

英数字及び一部記号が利用できます。

ログイン時にパスワードを要求する

このオプションを選択すると、ログイン画面を表示しユーザーの選択及びパスワードの入力を求めます。
インストール後に、設定を変更することができます。

自動的にログインする

このオプションを選択すると、ここで作成したユーザーで自動的にログインします。
パスワードの入力も省略されます。

インストール後に、設定を変更することができます。

ホームフォルダを暗号化する

ユーザーのホームフォルダを暗号化します。
よく分からない場合は使用に注意してください。

ユーザーアカウントの設定例

ここでは例として、以下のように設定しました。


  設定したら「続ける」ボタンをクリックします。

13.インストール開始

これで入力が必要な作業は終わりです。
あとはインストールが完了するのを待つだけです。

スライドショーが表示されるので、初めてKubuntuに触れる人は見ておくとよいでしょう。


左右に表示される矢印アイコンをクリックすると、別のスライドが表示されます。

14.インストール完了

インストールが無事完了すると、以下の画面が表示されます。
「今すぐ再起動する」ボタンをクリックして、PCを再起動します。


PC再起動後、またライブメディアからKubuntuが起動しないように注意してください。
またOSの起動順序をBIOSで設定できる場合、BIOS画面でブートローダーを選択したHDDの優先順位が上になっているか確認してください。

15.起動するOSの選択

PC再起動すると、環境によっては以下のようにブートメニューが表示されます。
もしブートメニューが表示された場合は、「Ubuntu」を選択して「エンター」キーを押します。


16.ログイン

自動ログインを有効にしていない場合、ログイン画面が表示されます。

16-1.ユーザーの選択

「12.ユーザーアカウント」で設定した「あなたの名前」を選択します。
デフォルトで選択されています。


16-2.パスワードの入力

ユーザーのパスワードを入力します。
「12.ユーザーアカウント」で設定した「パスワードの入力」を入力します。    


パスワードを入力したら「エンター」キーを押すか、右側の「Login」ボタンをクリックします。

注意

「NumLock」キーがオフになっているので、パスワードに数値を入力する時はテンキーからの入力に注意してください。
事前に「NumLock」キーをオンにしておくとよいでしょう。

17.デスクトップ画面の表示

無事何事もなければ、以下のようにデスクトップ画面が表示されます。


以上でKubuntuのインストールは完了です!


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション