kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

接眼レンズプラグイン

  接眼レンズプラグインは、望遠鏡で天体を観察するプラグインです。


  望遠鏡の設定を行うことで、実際に望遠鏡から覗いた天体がどのように見えるのかをシミュレートできます。
  またデジカメ(CCDセンサー)の撮影範囲をシミュレートすることもできます。
  テルラドファインダーによる照準の表示も可能です。

  プラグインの有効化

    プラグインを有効にするには、「プラグイン」タブから「接眼レンズプラグイン」を選択し、プラグインを有効化します。


接眼レンズプラグインの設定

  接眼レンズプラグインを利用する前に、プラグインの設定を行っておくとよいでしょう。
  設定には、以下の5つの設定があります。


General

  「General」タブでは、接眼レンズプラグインの一般設定を行います。


Ocular view

  接眼レンズビューに関する設定です。
  接眼レンズビューとは、望遠鏡で天体を観察するモードのことです。

  Enable only if an object is selected

    チェックをオンにすると、天体が選択されている時のみ接眼レンズビューに切り替えることができます。
    チェックをオフにすると、天体が選択されていなくても接眼レンズビューに切り替えることができます。

  Scale image circle

    チェックをオンにすると、接眼レンズの中で最もaFOVが大きい接眼レンズを円状の視野範囲の最大サイズとし、それ以外の接眼レンズをaFOVの比率で円状の視野範囲のサイズを調整します。
    チェックをオフにすると、円状の視野範囲を画面のサイズに合うように拡大・縮小します。

  Limit stellar magnitude

    チェックをオンにすると、望遠鏡の極限等級を反映して天体を描画します。
    チェックをオフにすると、すべての天体を描画します。

Key mapping

  ショートカットキーに関する設定です。

  Toggle-ocular view

    接眼レンズビューのオン・オフを切り替えるショートカットキーを指定します。

  Open pop-up navigation menu

    操作メニューを表示するショートカットキーを指定します。


    「On-screen control panel」をオフにする場合は、操作メニューから操作してください。

  ショートカットキーの設定について

    ショートカットキーは、直接ショートカットキーの文字列を入力してください。
    例えば「Shift + Ctrl + O」キーをショートカットキーに割り当てたい場合、「Shift+Ctrl+O」と入力してください。

Interface

  インターフェースに関する設定です。

  On-screen control panel

    画面上にビューの操作を行う操作パネルを表示します。


  Restore FOV to initial values

    チェックをオンにすると、接眼レンズビューやセンサービューから通常の表示に戻る時に、FOVを「Stellarium」起動時のFOVに戻します。

    チェックをオフにすると、FOVは接眼レンズビューやセンサービューに切り替える前のFOVに戻ります。

Sensor view

  センサービューに関する設定です。

  Use degrees and minutes for FOV of CCD

    チェックをオンにすると、CCDのFOVの単位に「D/M」を使用します。


    チェックをオフにすると、単位に「°」を使用します。

  Use flip CCD

    チェックをオンにすると、センサービュー使用時に画面を左右反転して表示します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション