kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntuソフトウェア

  以前お知らせした通り「Ubuntu 16.04」では、アプリのインストールやアンインストール等で使用されていた「Ubuntuソフトウェアセンター」が廃止され、「GNOMEソフトウェア」に変わりました。

  今回さらにその「GNOMEソフトウェア」の名称が変更され、「Ubuntuソフトウェア」に変わりました。


  「Ubuntu 16.04」では、アプリのインストールやアンインストールに「Ubuntuソフトウェア」を使用します。


名称を変更する主な理由は、Ubuntuユーザーは今まで「Ubuntuソフトウェアセンター」を利用してきており、多くのドキュメントで「Ubuntuソフトウェアセンター」が紹介されている。

名称を「Ubuntuソフトウェア」に変更することで、アプリのインストールやアンインストール等の作業に我々は「Ubuntuソフトウェア」の使用を確信を持ってUbuntuユーザーに紹介できる。  

  Ubuntuソフトウェア起動するには

    「Ubuntuソフトウェア」をDashホームから起動するには、以下のように検索を行い、「Ubuntu Software」をクリックします。


    Unityランチャーにも「Ubuntu Software」が予め登録されています。

  実態はGNOMEソフトウェア

    「Ubuntuソフトウェア」は新しく開発されたアプリではなく、実態は「GNOMEソフトウェア」です。

    「ubuntu-software」は「gnome-software」へのシンボリックリンクになっています。


    ですので、「Ubuntuソフトウェア」の使い方は「GNOMEソフトウェア」と同じです。

Ubuntuソフトウェアセンター

  余談です。
  廃止される「Ubuntuソフトウェアセンター」ですが、現状リポジトリーに存在しており、別途インストールできます。


  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動すると、いつもの見慣れた画面が表示されます。


  アプリのインストールも可能です。



関連記事一覧
オプション