kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

パッケージをDebianのリポジトリーに入れるために

前回紹介したパッケージをDebiaのリポジトリーに入れる活動ですが、以下のパッケージがDebianに入りレビューが行われています。


上2つのパッケージはGTK+テーマとアイコンテーマですが、「budgie-desktop」はbudgieデスクトップを構築するパッケージになります。

上記以外のbudgie-remixを構成するパッケージの準備も行われており、「Ubuntu」のリポジトリーにも含まれるよう作業が行われています。
(Debiaのリポジトリーにパッケージが入れば、Ubuntuのリポジトリーにも含まれるようになるため)

これらの作業により、Ubuntu 16.10の公式リポジトリーにbudgieパッケージが含まれるようにしたいとのことです。

Arcテーマ

GTK+テーマであるArcテーマに関して、すべてのユーザーは「arc-theme」パッケージと「arc-firefox-theme」パッケージからアップデートを受けられるようになりました。


アイコンテーマ

同様にアイコンテーマのアップデートも「moka-icon-theme」パッケージと「faba-icon-theme」パッケージから受けられるようになりました。

budgie-remixのメモリー使用量

「budgie-remix」のメモリー使用量は、「Ubuntu(Unity)」や「Ubuntu GNOME(GNOME)」も少なくなる傾向にあるとのことです。

また「GNOME/Ubuntuソフトウェア」と「GNOMEカレンダー」をアンインストールすれば、「budgie-remix」のメモリー使用量は「Xubuntu(Xfce)」や「Ubuntu MATE(MATE)」と似たような消費量まで収まるとのことです。



Snappyに注目

「budgie-remix」開発チームは「Snappy」にも注目しており、将来的にsnapsを導入したいとのことです。

Ubuntuのフレーバー化を目指して

「budgie-remix」は「Ubuntu Budgie」として将来「Ubuntu」のフレーバーになる予定です。(多少名称が変わるかも知れませんが)

公式の「Ubuntu Technical Board」で「budgie-remix」の公式フレーバー化について議論が行われました。
そして公式フレーバー化は可能との見解をもらいました。

開発チームへの助言として、「budgie-remix」のパッケージを「Ubuntu」の公式リポジトリーへ入れ、デモンストレーションを行う必要があるとのことでした。

開発チームはその助言に従って準備を行い、来週そして来月、再度「Ubuntu Technical Board」に掛け合うとのことです。

2種類のテーマ

現在「budgie-remix」では、2種類のテーマが提供されています。
「Arc」テーマと「Vertex」テーマです。

開発チームは「Vertex」テーマをDebianのリポジトリーへ入れるべきかどうかアンケートをとっています。
(Debiaのリポジトリーにパッケージが入れば、Ubuntuのリポジトリーにも含まれるようになる)

  • Vertexテーマ使ってる?
  • Ubuntu Budgie 16.10のデフォルトでインストールされるテーマから削除したほうがいい?

  • Vertexテーマ使ってるよ気に入ってるよ!
  • 私は心の底からArcユーザーだ
  • どっちでもいいよ、好きなテーマ自分でインストールするし

現状Arcテーマ派が57%とのことです。

メールクライアント何がいい?

「Ubuntu Budgie 16.10」でデフォルトで採用するメールクライアントのアンケートが行われています。
現状「Geary」が41%の票を集めています。

参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション