kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 14371の変更点

2016/6/22にリリースされたBuild 14371の「WSL」に関する変更点です。

前回リリースされたビルドのビルド番号は「Build 14366」なので、今回のリリースの変更点は少ないです。

リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


不具合の修正

Build 14371で行われた不具合の修正です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.ptrace

「ptrace」使用時、SIGCHLDとwait()のタイミングに関する問題が修正されました。

2.パスの解釈

パスが「/」で終わっている時に、正しい解釈を行うように修正されました。


3.rename/unlink

開かれているハンドルのrename/unlinkに失敗する問題が修正されました。

Ubuntu on WindowsのFAQの更新

Build 14371までに行われた「Ubuntu on Windows」のFAQの更新を反映しました。
「Ubuntu on Windows」のFAQは、以下を参考にしてください。


追記部分

FAQの追記部分は、以下の通りです。

[WSLで表示に使用する言語はどうやって変えるの?]
WSLのインストール時、自動的にUbuntuのロケールをWindowsと同じロケールに設定する。
Ubuntuのロケールを変更したい場合は、以下のコマンドを実行してbashを起動し直して欲しい。

sudo update-locale LANG=ロケール

例えば英語に設定したい場合は、以下のコマンドを実行する。

sudo update-locale LANG=en_US.UTF8


関連記事一覧
オプション