kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

VirtualBox 5.1.0がリリースされました

2016/7/12に「VirtualBox 5.1.0」がリリースされました。


メジャーアップデート

今回のリリースはバージョン番号からも分かる通り、メジャーアップデートとなります。
メジャーアップデートでは不具合の修正だけでなく、新機能の追加も積極的に行われます。

VirtualBox 5.0からアップグレード可能

すでに「VirtualBox 5.0.24」を利用している人は、既存の仮想マシンを引き継いで「VirtualBox 5.1.0」へアップグレードすることができます。

VirtualBox 5.1.0のリリース情報

「VirtualBox 5.1.0」のリリース情報です。

リリースノート:Oracle VM VirtualBox 5.1.0 is now available!
変更点:Changelog for VirtualBox 5.1
ダウンロード:Download VirtualBox

新機能

「VirtualBox 5.1.0」で実装された新機能です。

パフォーマンスの改善(VMM)

「APIC」と「I/O APIC」の新規実装を行った結果、特定の状況でパフォーマンスが向上しました。
例えばネットワークのパフォーマンスが向上し、以下の問題が解決しました。


またマルチCPUの仮想マシンのパフォーマンスも向上しています。

Hyper-Vのデバッグをサポート(VMM)

Windowsゲストにおいて、Hyper-Vのデバッグをサポートしました。

MMIOとシャドウページテーブルのエミュレーション改善(VMM)

MMIOとシャドウページテーブル(exit)のエミュレーション範囲を広げ、ユーザーモードに戻ることなくエミュレーションを行います。

Qt5へ移行(GUI)

ユーザーインターフェースがQt5へ移行しました。


GUIのパフォーマンスが向上し、反応速度が向上しました。

HDAのサポート(Audio)

新しいLinuxゲストOS向けに、HDA(Intel High Definition Audio)のサポートを追加しました。

オンデマンドタイマーの追加(Andio)

オーディオにオンデマンドタイマーを追加し、全体的なパフォーマンスの向上やCPUの負荷軽減が行われています。

AC97の改善(Audio)

AC97のエミュレーションを改善し、より最適なボリューム調整を行うようになりました。

Python3のサポート

Python3のサポートが改善されました。

機能の改善や不具合の修正

「VirtualBox 5.1.0」で行われた機能の改善や不具合の修正です。

x2APICをデフォルトに(VMM)

LinuxゲストOS向けに、x2APICをデフォルトで有効にしました。

UIのデタッチ(GUI)

仮想マシンのメニューから、UIの出たちができるようになりました。

セッション情報ウィンドウ(GUI)

セッション情報ウィンドが正常に表示されるようになりました。

仮想マシンの配置場所を指定可能に(GUI)

仮想マシン作成ウィザードにて、仮想マシンの配置場所を指定できるようになりました。

タッチイベントの修正(GUI)

HiDPIによるスケールが行われていない状況で、タッチイベントの位置に関する問題が修正されました。


固定サイズのディスクイメージ作成時のパフォーマンス向上(Storage)

固定サイズのディスクイメージ作成時に、可能であればfallocate()など連続した領域を確保するようにし、パフォーマンスを向上させました。

NVMHCI互換ストレージコントローラーの実装(Storage)

NVMHCI互換ストレージコントローラーが実装されました。 

割り込みスロットの実装(E1000)

割り込みスロットを実装し、パフォーマンスが改善しました。

USBメモリーからブート可能に(EFI)

USBメモリーからOSを起動できるようになりました。


E1000 T Serverネットワークカード(API)

Windows XPとWindows 2003 ServerゲストOSでは、E1000 T Serverネットワークカードがデフォルトになりました。

バグ報告ツール(Installers)

バグ報告ツール(VBoxBugReport)が搭載されました。

COMプロキシーの不具合修正(Windows hosts)

WindowsホストでCOMプロキシーに関する問題が修正されました。


DKMSに依存しなくなった(Linux installers)

カーネルモジュールのビルドは、DKMSに依存しなくなりました。

initramfsのアップデートに関する問題の修正(Linux Additions)

LinuxゲストOSでゲスト用カーネルモジュールをコンパイル後、initramfsのアップデートに関する問題が修正されました。


OpenGLに関する問題の対応(Linux Additions) 

OpenGLライブラリーの読み込みに関する問題に対応しました。


VirtualBox 5.1.0をインストールするには

「Ubuntu 16.04」に「VirtualBox 5.1.0」をインストールする方法です。

注意

すでに「VirtualBox 5.0.24」など以前の「VirtualBox」をインストールしている場合は、以下の「VirtualBox 5.1.0にアップグレードするには」を参考にしてください。

1.リポジトリーの追加

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行してリポジトリーを追加します。

sudo add-apt-repository "deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian xenial contrib"


注意

コマンド内の「xenial」の箇所は、現在利用している「Ubuntu」のバージョンに対応した「開発コード(略名)」を指定します。

「Ubuntu 16.04」の「開発コード(略名)」は「xenial」になります。
もし「Ubuntu 16.04」以外のバージョンを利用している場合は、「xenial」をそのバージョンの「開発コード(略名)」で置き換えてください。
また「開発コード(略名)」の入力は、必ず全て小文字で入力してください。

2.リポジトリーの鍵の追加

以下のコマンドを実行し、リポジトリーの鍵を追加します。

wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | sudo apt-key add -


3.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt update


4.VirtualBoxのインストール

以下のコマンドを実行し、「VirtualBox 5.1.0」をインストールします。

sudo apt install virtualbox-5.1


「続行しますか?」と表示されたら、「エンター」キーを押してください。
「VirtualBox 5.1.0」がインストールされます。

VirtualBox 5.1.0にアップグレードするには

以前のバージョンの「VirtualBox」から「VirtualBox 5.1.0」へアップグレードする方法です。

注意

事前に「VirtualBox」を終了しておいてください。
「VirtualBox」が起動している状態でアップグレードを行おうとすると、アップグレードに失敗します。

また「VirtualBox 5.1.0」インストール時に以前のバージョンの「VirtualBox」はアンインストールされますが、既存の仮想マシンはそのまま引き継がれます。

1.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt update


2.VirtualBoxのインストール

以下のコマンドを実行し、「VirtualBox 5.1.0」をインストールします。

sudo apt install virtualbox-5.1


「続行しますか?」と表示されたら、「エンター」キーを押してください。

VirtualBoxを起動するには

「VirtualBox」を起動するには、Dashホームを開いて以下のように「VirtualBox」を検索します。


「Oracle VM VirtualBox」をクリックすれば、「VirtualBox」が起動します。

VirtualBox拡張パックのインストール

VirtualBox拡張パックをインストールすると、USB 3.0ホストコントローラーの利用など、VirtualBoxで利用できる機能が増えます。

注意

以前のバージョンのVirtualBox拡張パックをすでにインストールした環境では、下記の「VirtualBox拡張パックのアップグレード」を参考にしてください。

1.VirtualBox拡張パックのダウンロード

ブラウザーで「Download VirtualBox」を開き、「VirtualBox 5.1 Oracle VM VirtualBox Extension Pack  All supported platforms 」からVirtualBox拡張パックをダウンロードします。


2.VirtualBox拡張パックのインストール

ダウンロードしたVirtualBox拡張パックをダブルクリックします。


3.インストール開始 

以下の確認画面が表示されたら、「インストール」ボタンをクリックしてインストールを開始します。


パスワードの入力が表示されたら、現在ログインしているユーザーのパスワードを入力してください。

VirtualBox拡張パックのアップグレード

「VirtualBox 5.1.0」へアップグレードした環境では、「VirtualBox」を起動するとVirtualBox拡張パックのインストールが促されます。


VirtualBox拡張パックをインストールすると、USB 3.0ホストコントローラーの利用など、VirtualBoxで利用できる機能が増えます。

画面の案内に従い、VirtualBox拡張パックをインストールしておきます。
パスワードの入力が表示されたら、現在ログインしているユーザーのパスワードを入力してください。

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は、「ファイル」メニューを開き「アップデートを確認」をクリックしてください。


VirtualBox拡張パックをインストールしていない場合は

VirtualBox拡張パックをインストールしていない場合は、上記のアップグレード画面は表示されません。
VirtualBox拡張パックをインストールする場合は、上記の「VirtualBox拡張パックのインストール」を参考にして、VirtualBox拡張パックをインストールしてください。

仮想マシンにUbuntu 16.04をインストール

ホスト「Ubuntu 16.04 64bit」 + 仮想マシン「Ubuntu 16.04 64bit」の環境に、「Guest Additions」をインストールして利用してみましたが、現状特に問題は起きていません。


Unityも3Dアクセラレーションが有効な状態で動作しています。


仮想マシンの動作が軽くなった

「VirtualBox 5.0.24」で起動した「Ubuntu」の仮想マシンと、「VirtualBox 5.1.0」で起動した「Ubuntu」の仮想マシンの動作を比較すると、「VirtualBox 5.1.0」ではCPUの負荷が小さくなり、より軽快に動作するようになりました。

仮想マシン自体は「VirtualBox 5.1.0」で作成し直したものではなく、以前のバージョンの「VirtualBox」で作成したものです。
また仮想マシンの設定は変更していません。

そのため「VirtualBox 5.1.0」で行われた改良が、仮想マシンの負荷軽減につながっているのでしょう。

「VirtualBox 5.1.0」の細かい機能まで確認できていませんが、「VirtualBox 5.1.0」は多くのユーザーにとっておすすめとなるバージョンでしょう。

Guest Additionsをインストールし、3Dアクセラレーションを有効にしておく

仮想マシンにUbuntuをインストールした後やVirtualBoxをアップデートした後は、忘れずに「Guest Additions」をインストールしておきましょう。


Guest Additionsをインストールするには

「Guest Additions」をインストールする方法は、以下を参考にしてください。


Guest Additionsのインストール確認

「Guest Additions」のインストール状況は、「セッション情報」の「ランタイム情報」から確認できます。


3Dアクセラレーションの有効

また忘れずに、仮想マシンの設定で3Dアクセラレーションを有効にしておきましょう。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション