kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

budgie-remix 16.10 β1の変更点

「budgie-remix 16.10 β1」の変更点です。


1.ネットワークに関する修正

「Ubuntu 16.10」では「Netplan」が採用され、ネットワークの設定方法が変わります。
「budgie-remix 16.10」では、この変更に追従します。

「Netplan」に関しては、以下を参考にしてください。


2.Debianの壁紙削除

 Debianの壁紙が削除されます。

3.インストーラーの多言語対応

「budgie-remix」のインストーラーが多言語に対応し、インストーラーで選択した言語でインストールが行われます。

4.ディスクイメージに予め含まれる言語

以下の言語は、予めディスクイメージに含まれるようになりました。

  • English
  • German
  • French
  • Spanish
  • Portuguese

上記の言語では言語パックのダウンロードが必要なくなり、インストール時間が短縮されます。
上記以外の言語では、インストール時に言語パックのダウンロードが行われます。

5.壁紙コンテストで選ばれた壁紙の採用

「budgie-remix 16.10」の壁紙コンテストで選ばれた壁紙が含まれるようになりました。

6.起動時のロゴの修正

起動時のロゴに正常に「budgie-remix」が表示されるようになりました。

7.ブータブルUSBの作成に対応

「ブータブルUSBの作成」を利用してUSBライブメディアの作成とインストールができるようになりました。

8.ようこそ画面の更新

ようこそ画面のバージョンが「0.3.10」にアップデートされました。
またライブメディアから起動した際、ようこそ画面からインストーラーが起動できるようになりました。

9.Rhythmboxのテーマ

「Rhythmbox」のデフォルトのテーマに「Arc dark」を採用しました。

10.セッションの整理

ログイン画面で表示されていた仮の「gnome-shell」セッションを削除しました。

新しいgreeterの採用見送り

少なくとも「budgie-remix 16.10」では、新しいgreeterの採用見送ります。
これは「Debian」及び「Ubuntu」に影響を与える致命的な問題が上流にあり、この問題がまだ解決されていないためです。

Ubuntuのリポジトリーでbudgie-remixのパッケージが一部利用可能に

「Ubuntu 16.10」の公式リポジトリー(universe)で、「budgie-remix」のパッケージが一部利用可能になりました。

チームの直近の目標は、すべての「budgie-remix」のパッケージを「Ubuntu 16.10」の公式リポジトリーに入れてもらうことです。

「Ubuntu」のフレーバー化に向けた状況は、フレーバーに必要な条件を満たしているかどうかを「Ubuntu Technical Board」によって検討してもらっている最中です。

新しいアイコンテーマ

現在新しいアイコンテーマの作成作業が行われています。
このアイコンテーマは、「Moka」と「Arc」を一体化させたアイコンテーマです。


参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション