kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 14926の変更点

2016年9月14日にリリースされた「Build 14926」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 14926」で行われた機能の追加や改善です。

1.Pingの動作改善

コンソールで動作する「Ping」が「Windows」の管理者権限なしに実行できるようになりました。

2.Ping6のサポート

「Ping6」がサポートされました。
「Ping」同様「Ping6」も「Windows」の管理者権限なしに実行できます。

3.Inotifyのサポート

「WSL」経由の「Inotify」がサポートされました。
「Inotify」は、ファイルシステムの変更等のイベントを監視する機能です。

以下のフラグがサポートされています。

API フラグ
inotify_init1 LX_O_CLOEXEC
LX_O_NONBLOCK
inotify_add_watch events LX_IN_ACCESS
LX_IN_MODIFY
LX_IN_ATTRIB
LX_IN_CLOSE_WRITE
LX_IN_CLOSE_NOWRITE
LX_IN_OPEN
LX_IN_MOVED_FROM
LX_IN_MOVED_TO
LX_IN_CREATE
LX_IN_DELETE
LX_IN_DELETE_SELF
LX_IN_MOVE_SELF
inotify_add_watch attributes LX_IN_DONT_FOLLOW
LX_IN_EXCL_UNLINK
LX_IN_MASK_ADD
LX_IN_ONESHOT
LX_IN_ONLYDIR
read output LX_IN_ISDIR
LX_IN_IGNORED

 この件に関する不具合報告は、以下を参考にしてください。

既知の問題

「Windows」から行われたファイルシステムへの変更は、検出されません。

4.ソケットのサポート改善

「SCM_CREDENTIALS」がサポートされました。

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:651
  • テストに失敗した項目数:258

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。



関連記事一覧
オプション