kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

PowerShell v6.0.0-alpha.12リリース

2016年11月3日に「PowerShell v6.0.0-alpha.12」がリリースされました。


リリースノートと変更点

リリースノートと変更点は、以下を参照してください。


1.Get-ChildItem

「Get-ChildItem -Recurse -ErrorAction Ignore」実行時に、追加エラーを無視するように修正されました。

2.パイプラインのアンブロック

Windowsの実行ファイルを実行する時、パイプラインをブロックしないように変更されました。

3.PowerShell SSHの修正

最近のWin32-OpenSSHの変更に伴い、PowerShellのSSHが修正されました。

4.-Property *の暗黙指定

「Select-Object」に「-ExcludeProperty」を指定し、かつ、「-Property」が指定されていない場合、暗黙のうちに「-Property *」を指定するように変更されました。

5.Get-Aliasのパラメーター追加

「Get-Alias」の「-Name」パラメーターに「ValidateNotNullOrEmpty」が追加されました。

6.Implicit remoting commandの有効化

「PowerShell Core」で「Implicit remoting command」が有効になりました。

7.GetParentProcessの修正

「GetParentProcess」はコストがかかる「WMI」クエリーの代わりに、Win32 APIを使用するように変更されました。

8.Set-Contentの修正

特定の条件下でPSDrive内のファイルの生成に失敗する問題が修正されました。

9.Get-Serviceのパラメーター追加

「Get-Service」の「-Name」パラメーターに「ValidateNotNullOrEmpty」が追加されました。

10.Get-WinEventの改善

「Get-WinEvent」が「-FilterHashtable」をサポートしました。

11.Get-ComputerInfoの改善

「Get-ComputerInfo」が「WindowsVersion」をサポートしました。

12.PseudoParameterBinderの修正

デッドロックを避けるため、「PseudoParameterBinder」で不必要なロックを削除しました。

13.Get-WinEventの修正

「Get-WinEvent」は「XPath」クエリーの構築に「StringBuilder」を使用するようになりました。

14.libpsl-nativeのエラー処理改善

「libpsl-native」のエラー処理を改善しました。

15.レジストリーと認証プロバイダー

UNIX PSからレジストリーと認証プロバイダーを除くようにしました。

16.PowerShell Coreの更新

「PowerShell Core」に「DotNet Core preview1-24530-04」を取り入れました。

PowerShellのインストールとアップデート

「PowerShell」のインストールとアップデート方法です。
「PowerShell」のインストールとアップデート方法は同じです。

すでに以前のバージョンの「PowerShell」をインストールしている場合、インストールと同じ方法で「PowerShell v6.0.0-alpha.12」にアップデートできます。

1.パッケージのダウンロード

以下からパッケージをダウンロードします。


「Ubuntu 64bit版」を利用しているなら、「powershell_6.0.0-alpha.12-1ubuntu1.16.04.1_amd64.deb」をダウンロードしてください。

「Ubuntu 32bit版」向けの「PowerShell」はリリースされていません。

2.PowerShellのインストール

以下を参考にして、「PowerShell」をインストールします。




関連記事一覧
オプション