kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu Budgie 17.04のリリースに向けて

「Ubuntu Budgie」の開発チームが、初の公式リリースとなる「Ubuntu Budgie 17.04」のリリースに向けて現状を紹介しています。




Ubuntu Budgieの開発状況

すでにお知らせした通り、「budgie-remix」は「Ubuntu」の公式フレーバーとなり、名称が「Ubuntu Budgie」に変わります。

「Ubuntu Budgie」の初リリースは「Ubuntu Budgie 17.04」です。
「Ubuntu 17.04」をベースとし、開発プロセスやリリーススケジュールは「Ubuntu」に準じたプロセスとなります。

現在「Ubuntu Budgie」は初の公式リリースに向け、様々なソフトウェアの更新など等の作業が行われています。
新しい「Linux Kernel」の採用によるAMD GPUの改良や、「GCC 7」の採用によるパフォーマンスの改善など、様々な新機能や改良がもたらされます。

また、「Ubuntu 17.04」のリポジトリーに配置するパッケージの名称を「budgie-remix」から「Ubuntu Budgie」に変更する作業が滞りなく完了し、「ubuntu-budgie-meta」パッケージのスポンサーになり、ディスクイメージが生成できるようになりました。
インストーラーのスライドショーの対応も行われ、「Ubuntu Budgie 17.04」のデイリービルドのディスクイメージがそのうち利用できるようになります。

budgie-remixについて

またすでにリリース済みである「budgie-remix 16.04」及び「budgie-remix 16.10」は、フレーバーになる前のOSであるため、名称は変わらず引き続き「budgie-remix」の名称でサポートが行われます。

「budgie-remix」は「Ubuntu」をベースとしていますが、「Ubuntu」のフレーバーではありません。
しかし「Ubuntu」のルールに沿って、サポートが行われます。

グラフィックデザイナーとアーティストの募集

「Ubuntu Budgie」チームでは、ウェブサイトやニュースレター及びアプリケーションアートワークなど様々な分野を横断的に、統合的そして革新的なデザインを構築するグラフィックデザイナーやアーティストを募集しています。

もし関心があるなら、以下のいずれかの方法で連絡を試みてください。


新しいウェブサイトの登場

すでにお知らせした通り、「Ubuntu Budgie」の新しいウェブサイトである「ubuntubudgie.org」が登場しました。

このサイトは高速かつ簡単に様々なデバイスからアクセスすることができます。
スマフォから「Ubuntu Budgie」をダウンロードすることも可能です。

レスポンシブデザインで構築されており、すべてのユーザーに快適なアクセスを提供します。
もしデザインの崩れや重いページがあったら、気軽に連絡してください。

最終的に「budgie-remix.org」は「ubuntubudgie.org」に移行します。

Budgie-Desktop v10.2.9

現在最新版のデスクトップ環境である「Budgie-Desktop v10.2.9」が、「budgie-remix」ユーザー向けに提供されています。

次期メジャーバージョンである「Budgie-Desktop v11」では、更に進化する予定です。
まだリリース日は決まっていませんが、来年の前半にはリリースが期待できるでしょう。

「Budgie-Desktop v10.2.9」は「Debian」でレビュー中であり、問題がなければ「Ubuntu 17.04」のリポジトリーから利用できるようになります。

budgie-remix fresh

最小のパッケージで構成された「budgie-remix fresh」が登場しました。
デスクトップを自分でカスタマイズしたいユーザー向けのOSです。



64bit版ではメモリーの使用量が220MB以下、32bit版では190MB以下となっており、現在β版がリリースされています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション