kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

DirectX Shader Compilerがオープンソースに

2017年1月23日、Microsoftの公式サイトにて「DirectX Shader Compiler」のオープンソース化がアナウンスされました。



「DirectX HLSL(High Level Shading Language)コンパイラー」がオープンソースになり、Clang/LLVMフレームワーク上でビルドされます。

Clang/LLVMで柔軟に

シェーダーのフロントエンドに「Clang」を利用することで堅実性を確保しつつ、簡単に拡張性と革新性を実現できます。

またLLVMフレームワークの採用により、「DXIL」として知られる新しいバイナリーシェーダーフォーマットが利用できるようになります。

Wave命令のサポート

「HLSL」が「Wave命令」をサポートし、「Wave命令」を通じて新しいGPUのプログラミングモデルが利用できるようになります。

これにより開発者はGPUが提供するSIMDの優位性を活用し、ジオメトリカリングやライティング、そしてI/Oのパフォーマンスを向上させるシェーダーを記述できるようになります。

ソースコード

「DirectX Shader Compiler」のソースコードは以下から入手できます。


現在はプレビュー版としての提供ですが、今後数ヶ月以内に最終版が提供される予定です。
また「Microsoft Windows SDK」にも、この「DirectX Shader Compiler」が含まれるようになります。

現在ソースコードをビルドするには「Visual Studio 2015」や「Windows 10 SDK」といったWindows向けのソフトウェアが必要です。

つまりLinux向けには提供されていません。
しかしオープンソースになったことで何かしらの形でLinux上で利用できる日が来るでしょう。

ライセンス

ライセンスは制限の緩い「MITライセンス」で提供されます。


関連記事一覧
オプション