kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Arch Linux 32bit版ディスクイメージの提供終了へ

「Arch Linux」では、32bit版ディスクイメージの提供が終了します。



2017年2月にリリースされる32bit版のディスクイメージを以って、それ以降32bit版のディスクイメージの提供は行われなくなります。
2017年3月以降、64bit版のディスクイメージのみ提供されるようになります。

開発者やユーザーの間で32bit版の利用頻度が減少しており、32bit版のサポートを段階的に減らしていくとのことです。

既存の32bit版のサポートは2017年10月まで

32bit版の最終リリース後、9ヶ月間はパッケージのアップデートが受けられます。
すなわち2017年10月まではアップデートが提供され、2017年11月以降はアップデートが受けられなくなります。

ただし「multilib」リポジトリーはこの影響を受けません。

「Ubuntu」でも32bit版のディスクイメージの提供を「Ubuntu 18.04」で最後にしようという提案がなされており、着々とアーキテクチャーの移行が進んでいます。

コミュニティーによる非公式のサポートはありうる

もしコミュニティーが手を上げれば、非公式の「Arch Linux 32bit版」の提供が実現される可能性はあります。


関連記事一覧
オプション