kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

サンプルハードウェア公開

現在「Indiegogo」でキャンペーンを展開中の「GPD Pocket」ですが、「GPD Pocket」の試作品のハードウェアパーツが公開されています。

以下の画像は、「GPD Pocket」のメインコンポーネントとなるパーツです。


上部のパーツはディスプレイでしょうか。
また左下のパーツは7000mAHの文字が印刷されており、バッテリーのようですね。
右下がメインボード(基盤)でしょうか。
かなり小型ですね。


最初の試作品

以下の動画では、2017年1月に制作した「GPD Pocket」の試作品第一号(T0ステージ)が紹介されています。



今後試作品は、次の試作品であるT1ステージの試作品を2週間以内に完成させ、T2ステージの試作品を2017年4月に完成させるとのことです。

出資の勢いはまだ止まりそうにない

前回出資総額が目標金額の10倍を超えた件を紹介しました。


まだこの勢いは続いており、現在は2.5億円に届きそうな勢いです。



コメントからいくつか情報を拾ってみます。

  • プリインストールされるWindowsは「Windows 10 Home」だが、自分で後から「Windows 10 Pro」をインストールすることも可能
  • ストレージの256GB対応はコストがかかりすぎて無理
  • Windows版でもUbuntu版でもスリープモードを利用可能
  • SDカードスロットの内蔵は無理。USBハブを利用して欲しい
  • スペースの都合上、7000mAhを超えるバッテリーの搭載は無理
  • メモリーモジュールは4 x 2GBで構成している(メインボードの構造を再設計する余裕がないため)
  • mini PCIeは付いていない
  • スペースの都合上、ウェブカメラの搭載は無理

GPD Pocket公式サイト

「GPD Pocket」の公式サイトが登場しました。




上記のリンクは「GPD Pocket」の紹介ですが、以下のページで「GPD Pocket」のスペックが紹介されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション