kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Snapパッケージが利用可能に

「Ubuntu Desktop 14.04」及び「Ubuntu Server 14.04」にて、Snapパッケージが利用可能になりました。




32bit版(i386)及び64bit版(amd64)どちらでも利用できます。

Snapパッケージは従来のdebやrpmパッケージを置き換える新しいパッケージフォーマットです。
Snapは、従来のパッケージにはなかった環境の隔離やロールバックなど新しい機能や仕組みを提供し、従来よりも安全にそして簡単にバージョン管理が行えます。

「snapd」は、Snapパッケージのパッケージ管理を行うデーモンです。
Snapパッケージを利用するには、まず「snapd」をインストールする必要があります。

snapdのインストール

「snapd」のインストール方法です。
「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install snapd


インストールが完了したら「/snap/bin」を環境変数「$PATH」に追加するため、ログインし直すかPCを再起動します。

snapパッケージのインストール

snapパッケージのインストール方法です。

1.snapパッケージのインストール

snapパッケージをインストールするには、以下のコマンドを実行します。

sudo snap install パッケージ名

ここでは例として「Krita」をインストールしてみます。
以下のコマンドを実行します。

sudo snap install krita


初めてsnapパッケージをインストールする場合は、coreパッケージも一緒にインストールされます。

2.アプリの起動

インストールが完了したら、アプリを起動します。

krita

以下のように「Krita」が起動します。


インストールされているsnapパッケージの一覧を表示するには

インストールされているsnapパッケージの一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

snap list


snapパッケージを検索するには

snapパッケージを検索するには、以下のコマンドを実行します。

snap find キーワード

パッケージ名や概要、開発者などを対象に検索が行われます。
ここでは例として「postgresql」を検索してみます。

snap find postgresql

以下のように、「postgresql」が含まれるパッケージの一覧が表示されます。


また「PostgreSQL」は9.3〜9.6まで複数のバージョンの「PostgreSQL」を同時にインストール(配置)できることが分かります。

パッケージ名を省略した場合は、以下のように注目されているパッケージが表示されます。


ブラウザーからsnapパッケージを検索するには

ブラウザーからsnapパッケージを検索するには、以下のサイトをブラウザーで開いてください。


snapコマンドのヘルプ

snapコマンドのヘルプは、以下のコマンドで表示できます。

man snap

もしくは、以下のリンクをブラウザーで開いてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション