kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu Budgie 17.04最終βの新機能と変更点

リリースノートから「Ubuntu Budgie 17.04最終β」の新機能と変更点を紹介します。


リリースノートは、以下を参照してください。


「Ubuntu Budgie 17.04」は、「Ubuntu 17.04」で新規に追加されたフレーバーです。
以前は「budgie-remix」としてリリースされていました。

注意

「Ubuntu Budgie 17.04」は最終βであり、正式リリースではありません。
最終βはテスト目的でリリースされています。
そのため何かトラブルが発生しても自分で対処できる人向けです。

「Ubuntu Budgie 17.04」は、2017年4月13日にリリースされる予定です。

1.サポート期間は9ヶ月

「Ubuntu Budgie 17.04」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2018年1月までサポートが提供されます。

2.budgie-desktop 10.2.9採用

デスクトップ環境は、最新安定版の「budgie-desktop 10.2.9」を採用しています。


多くのGNOMEアプリケーションが「GNOME 3.24」にアップデートされ、ウィンドウマネージャーは「Mutter 3.24」を採用しています。

3.ようこそ画面

「budgie-welcome」がアップデートされ、Materialテーマによるデザインの変更が行われています。


4.AppIndicatorのサポート

「AppIndicator」がサポートされ、「AppIndicator」に対応したインジケーターがパネルに表示されるようになりました。
そのため「Fcitx」など今まで表示されていなかったインジケーターが表示されるようになりました。


5.Terminixの採用

デフォルトのターミナルエミュレーターに「Terminix」を採用しました。


既知の問題

すでに明らかになっている不具合や問題です。

1.ポップアップのアニメーションが2回行われる

インジケーターなどパネル内のアイコンをクリックすると、ポップアップのアニメーションが2回行われます。


2.スプラッシュスクリーンが表示されない

ライブメディアから「Ubuntu Budgie」を起動する時、スプラッシュスクリーンが表示されません。



3.インストーラーのスライドショーの内容が間違っている

インストーラーのスライドショーのアプリの紹介内容が間違っています。


4.その他の変更や既知の不具合

「Linux Kernel」などデスクトップ環境に依存しない変更点や不具合は、以下を参照してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション