kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu MATE 17.04最終βの新機能と変更点

リリースノートから「Ubuntu MATE 17.04最終β」の新機能と変更点を紹介します。


リリースノートは、以下を参照してください。


注意

「Ubuntu MATE 17.04」は最終βであり、正式リリースではありません。
最終βはテスト目的でリリースされています。
そのため何かトラブルが発生しても自分で対処できる人向けです。

「Ubuntu MATE 17.04」は、2017年4月13日にリリースされる予定です。

1.サポート期間は9ヶ月

「Ubuntu MATE 17.04」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2018年1月までサポートが提供されます。

一方「Ubuntu MATE 16.04」はLTSリリースであるため、3年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Ubuntu MATE 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.MATE 1.18採用

デスクトップ環境は、2017年3月13日にリリースされた「MATE 1.18」を採用しています。


「MATE 1.18」では多くの改善や不具合の修正が行われています。
「MATE 1.18」の変更点は、以下を参考にしてください。


3.Brisk Menuのアップデート

「Brisk Menu」が0.3.0にアップデートされました。
Ubuntu MATEのテーマに合うようにデザインが改善されました。


ユーザーが自分でパネルに「Brisk Menu」を追加することもできますが、「Brisk Menu」を採用した「Pantheon」パネルレイアウトが「MATE Tweak」に追加され、簡単に「Brisk Menu」を採用したパネルレイアウトに切り替えられるようになりました。


ホットキー

「Brisk Menu」を表示するデフォルトのホットキーは「Ctrl+F10」キーです。

4.アートワークのアップデート

テーマや見た目に関するアップデートです。

  • スクロールバーのデザインがシンプルになりました。
  • 更新されたアイコンテーマに適合するよう、互換性が改善されています。


  • Notebooksのデザインが一新されました。
  • Ubuntu MATEのテーマがGNOMEのヘッダーバーを完全にサポートしました。



  • ダークテーマが追加されました。


5.Ubuntu MATE Settingsのアップデート

「Ubuntu MATE Settings」が「Ubuntu MATE Settings 17.04.5」にアップデートされ、Qtアプリの見た目をGTK+の見た目に合うように改善されています。


6.ようこそ画面のアップデート

「Ubuntu MATE Welcome」が「Ubuntu MATE Welcome 17.04.8」にアップデートされました。


要望が多くあった「Kdenlive」などのアプリケーションが、「Software」の一覧に追加されました。

また一括してアプリケーションのインストール及びアンインストールが行えるようになりました。


7.MATE Dock Appletのアップデート

「MATE Dock Applet」が「MATE Dock Applet 0.76」へアップデートされました。


  • アプリ起動時に発生する起動通知に対応しました。
  • 新しいデザインを利用できるようになりました。

8.PowerPC 32bit(PPC)のサポート終了

「PowerPC 32bit(PPC)」のサポートが終了したため、「PPC向けのUbuntu MATE 17.04」はリリースされません。
詳細は以下を参照してください。


既知の問題

すでに明らかになっている不具合や問題です。

1.インストール完了後、確認画面が表示されない

インストール完了後、再起動するか継続利用するか確認する画面が表示されますが、その画面が表示されません。


この現象は、セキュアブートが有効な環境でのみ起こるだろうとのことです。

2.その他の変更や既知の不具合

「Linux Kernel」などデスクトップ環境に依存しない変更点や不具合は、以下を参照してください。



関連記事一覧
オプション