kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Bashのcdコマンドの挙動が一部変わった

Bashのcdコマンドの挙動が一部変わりました。



「cd」コマンドはカレントディレクトリーを変更・移動するコマンドです。
頻繁に利用されるコマンドですね。

「cd」コマンドで移動先のディレクトリーを指定する際、「*」や「?」といったワイルドカードを利用することができます。

Ubuntu 16.04での動作

複数のディレクトリー候補があった場合、一番最初に見つかったディレクトリーが移動先になります。

例えば以下のように、「test1」フォルダーと「test2」フォルダーがあるとします。


以下のようにワイルドカードを指定して「cd」コマンドを実行すると、最初に見つかった「test1」フォルダーに移動します。


Ubuntu 17.04での操作

同じ操作を「Ubuntu 17.04」で実行してみます。
同様に「test1」フォルダーと「test2」フォルダーがあります。


以下のようにワイルドカードを指定して「cd」コマンドを実行すると、「test1」フォルダーと「test2」フォルダーが候補に上がるため、エラーになります。


ワイルドカードを利用する場合、ディレクトリー候補が1つになるように移動先のディレクトリーを指定する必要があります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション