kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

WebUpd8 PPAのOracle Java 6/7インストーラーが利用できなくなった

以前Oracle Javaのインストール方法を紹介したときに、WebUpd8 PPAを利用したインストール方法を紹介しました。



Oracle Java 6/7はすでに公式アップデートが終了しており、有料サポートの契約者のみアップデートを受けられる状態になっています。


Oracle Java 6/7のバイナリーはパブリックサイトで提供されなくなっており、上記で紹介した方法でインストールできなくなっています。


現在Oracle Javaの最新版はOracle Java 8であり、今年の秋にOracle Java 9がリリースされる予定です。

もし今現在Oracle Java 8より前のバージョンのOracle Javaを利用しているなら、Oracle Java 8へ移行し、古いOracle Javaはアンインストールしておくと良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション