kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ネットワークの設定方法がNetplanに変わる

「Ubuntu 17.10」では、ネットワークの設定を「Netplan」で行う方法に変わります。



「Netplan」は、ネットワークの設定を行うための新しい仕組みです。
「Ubuntu 17.10」では、既存の「ifupdown」を置き換えることになります。

「Netplan」は「Ubuntu 16.10」で登場しました。


すでに「Ubuntu Desktop」では、「Ubuntu Desktop 16.10」以降「Netplan」が導入されています。

現在「Ubuntu 17.10」では、「Minimal seed」に「Netplan」が含まれるようになったため、他のエディションにもデフォルトで「Netplan」がインストールされるようになります。

ネットワーク設定を抽象化する

「Netplan」はネットワークの設定を行うためのフレームワークです。
YAMLフォーマットでネットワークの設定を記述します。

設定ファイルでは、「NetworkManager」や「systemd-networkd」にネットワークをどのように見せるのか、どのような設定を行うのかを記述します。

「Netplan」により、「NetworkManager」や「systemd-networkd」のどちらを利用する時でも、それぞれの設定ファイルの記述方法を把握する必要がなく、同じ記述方法でネットワークの設定が可能になります。

つまりユーザーは、「NetworkManager」や「systemd-networkd」の固有の設定方法や記述方法を習得する必要がなくなります。

「Netplan」は、特定のバックエンドに依存せず、ネットワーク設定の抽象化を行う仕組みです。

Netplanでネットワークの設定を行う

「Ubuntu 17.10」では、「Netplan」がネットワーク設定を行うデフォルトの手法になる予定です。

「Ubuntu Server」では、「/etc/netplan」以下にある「Netplan」の設定ファイルにネットワークインターフェースの設定が記述されます。
すでにデイリービルドのイメージは、「Netplan」に対応しています。

「Ubuntu Desktop」では、すでに「Netplan」が導入されており、「/etc/netplan/01-network-manager-all.yaml」ファイルに「NetworkManager」がネットワークインターフェースを管理するように設定が記述されています。

Ubuntu Desktopユーザーはどうすれば良いのか? 

「Ubuntu Desktop」ユーザーがネットワークの設定を行う場合、従来通りネットワークの設定画面(システム設定 > ネットワーク)からネットワークの設定を行えば良いです。



下手に「Netplan」の設定ファイルをいじると面倒なことになるので、注意してください。

Netplanの情報

Netplanに関する情報は、以下を参照してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション