kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

LightDMからGDMへスムーズに移行するために

以前紹介した通り「Ubuntu 17.10」では、ディスプレイマネージャーが「LightDM」から「GDM」に変わります。



開発チームでは、ユーザーが「Ubuntu 17.04」から「Ubuntu 17.10」 へアップグレードする際、スムーズに「GDM」へ移行できるよう、また「LightDM」を採用するフレーバーに影響がでないよう、移行方法の検討と移行作業が行われています。


「Ubuntu」は「GDM」へ移行することになりますが、「LightDM」を採用するフレーバーは引き続き「LightDM」を利用できます。

最初のプラン

最初のプランでは、「GDM」インストール時(Ubuntuアップグレード時)、ディスプレイマネージャーの選択画面を表示せず、デフォルトで使用するディスプレイマネージャーを「GDM」に設定する方法が検討されていました。

複数のディスプレイマネージャーが共存できる

そもそもディスプレイマネージャーは、一度に複数のディスプレイマネージャーを共存させてインストールすることができます。
しかし起動するディスプレイマネージャーは、いずれかの1つのみです。

そのため複数のディスプレイマネージャーをインストールする際、ユーザーにデフォルトで使用するディスプレイマネージャーを選んでもらう必要があります。

そこでディスプレイマネージャーのインストール時、すでに他のディスプレイマネージャーがインストールされている場合、デフォルトで使用するディスプレイマネージャーを選択する設定画面が表示されます。

アップグレード時に選択画面が表示される

「Ubuntu 17.04」では「LightDM」がインストールされているため、アップグレード時に「GDM」がインストールされると、ディスプレイマネージャーの選択画面が表示されることになります。

ユーザーは何を選択すれば良いのか分からない

しかしディスプレイマネージャーに馴染みがないユーザーにとって、ディスプレイマネージャーの選択画面で何を選択すれば良いのか、分からないユーザーもいるでしょう。

「GDM」を選択するのが正しいのですが、「LightDM」や「GDM」を耳にしたことがないユーザーはどの選択肢が正しいのか分かりません。

またユーザーに「LightDM」を選択されてしまうと、本来「Ubuntu」が期待する動作にはなりませんし、ロック画面など一部で不具合が発生することになります。

この状況は、開発者にとってもユーザーにとっても不幸なことです。

自動的にGDMを選択する

そこでディスプレイマネージャーの選択画面を表示せず、「GDM」を自動的に選択する方法が検討されました。

この方法なら、「LightDM」と「GDM」の両方をインストールしているユーザーにのみ影響を受け、それ以外のユーザーには影響を与えないでしょう。

フレーバーへの影響を考慮する必要がある

しかし上記の対応方針ですと、フレーバーを利用しているユーザーの中で、「LightDM」と「GDM」をインストールし「LightDM」を使用しているユーザーにも影響が出てしまいます。

例えば「Ubuntu MATE」をインストールし、かつ「gnome-shell」をインストールしている環境では、「LightDM」と「GDM」がインストールされていることでしょう。

ほとんどのフレーバーはディスプレイマネージャーに「LightDM」を採用しており、また今現在「LightDM」を採用しているフレーバーの中で「GDM」への移行を計画しているフレーバーはありません。

条件を絞り込む

そこでディスプレイマネージャーの選択画面を表示せず「GDM」に設定する機能を、「ubuntu-session」がインストールされている環境でのみ動作させることで、上記のような環境への影響をなるべく回避し、「GDM」への移行を行うことになりました。

移行作業はまだ終わっていない

現在「GDM」への移行はデイリービルドのディスクイメージに反映されていません。

今後「GDM」への移行作業が完了すれば、 デイリービルドのディスクイメージに「GDM」が反映されるようになります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション