kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 16215のWSLに関する変更点

2017年6月8日にリリースされた「Build 16215」の「WSL」に関する変更点の紹介です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の改善や変更

「Build 16215」で行われた機能の改善や変更です。

開発者モードに切り替えなくてもWSLを利用可能に

開発者モードに切り替えなくても「WSL」を利用できるようになりました。


ジャンクションのサポート

DrvFs」内に存在するジャンクションされたディレクトリーを扱えるようになりました。

appxパッケージのアンインストールのサポート

appxパッケージでパッケージングされたディストリビューションのアンインストールを扱えるようになりました。

procfsがPrivateとSharedマッピングの表示をサポート

「procfs」でPrivateとSharedのマッピングを表示できるようになりました。

中途半端にインストール及びアンインストールされた状態のディストリビューションのクリーンアップが可能に

「wslconfig.exe」が中途半端にインストール及びアンインストールされた(処理が中断された)ディストリビューションをクリーンアップできるようになりました。

IP_MTU_DISCOVERのサポート

TCPソケット向けのオプションである「IP_MTU_DISCOVER」がサポートされました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


シリアルデバイスの実装

シリアルデバイスの実装及びサポートの改善が行われました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


その他

  • Infer protocol family for routes to AF_INADDR.


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション