kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 16226のWSLに関する変更点

2017年6月21日にリリースされた「Build 16226」の「WSL」に関する変更点の紹介です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の改善や変更

「Build 16226」で行われた機能の改善や変更です。

xattr関連のシステムコールのサポート

「xattr」関連の以下のシステムコールのサポート及びサポートが改善されました。

  • getxattr
  • setxattr
  • listxattr
  • removexattr

security.capablityのサポート

ファイル拡張属性である「security.capablity」がサポートされました。

ファイルシステム及びフィルターとの互換性改善

MS-SMBサーバー以外のファイルシステム及びフィルター含む特定のファイルシステム及びフィルターとの互換性が向上しました。

これにより改善する問題は、以下を参照してください。


プレースフォルダーや圧縮ファイルのサポート改善

「OneDrive」のプレースフォルダー及び「GVFS」のプレースフォルダー、さらに「Compact OS」の圧縮ファイルのサポートが改善されました。

システムコール

「Build 16226」で行われたシステムコールに関する変更です。
以下のシステムコールが新たにサポートされました。

  • removexattr

すべてのパラメーターとの組み合わせで期待通りにシステムコールが動作するとは限りません。

システムコールの実装状況

システムコールの実装状況は、以下のようになっています。



関連記事一覧
オプション