kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ノートPCユーザーが最も多く利用しているLinuxディストリビューションは

Phoronix」にて、ノートPC(ラップトップPC)ユーザーを対象にアンケートが実施されました。


このアンケートは、2017年6月23日から2017年7月6日まで2週間実施され、30,171件の回答が寄せられました。
そのアンケート結果が以下で公開されています。


いくつかピックアップします。

1.新しいノートPCで重要視する要素は?

新しいノートPCを検討する際、重要視する要素の上位3つは以下のようになっています。

  1. 製品の品質(30.7%)
  2. 性能(25.2%)
  3. Linuxがプリインストールされている/Linuxが公式にサポートされていること(14.1%)

2.利用しているLinuxディストリビューションは?

ノートPCユーザーが利用しているLinuxディストリビューションは、以下のようになっています。

  1. Ubuntu(38.9%)
  2. Arch Linux(27.1%) 
  3. Debian(15.3%)
  4. Fedora(14.8%)
  5. Linux Mint(10.8%)
  6. openSUSE / SUSE(4.2%)
  7. Gentoo(3.9%)
  8. CentOS / RHEL(3.1%)
  9. Solus(2.0%)
  10. Manjaro(1.6%)
  11. その他(1%未満のディストリビューション)

「Arch Linux」が27.1%を占めており、本アンケートの回答者にはLinuxに詳しいユーザーが相当数いるのが分かります。

「Ubuntu」が1位になっていますが、「Phoronix」は「Ubuntu」に特化したサイトではなく様々なLinuxディストリビューションを扱っているサイトです。

Phoronix」でも「Ubuntu」が1位であることにちょっと驚いたと表現しており、そのような重みは殆どないと思われます。

ちなみにこの結果は複数回答できる項目なので、 割合のトータルは100%を超えます。

3.他のOSとデュアルブートしてる?

Linuxディストリビューションと他のOSをデュアルブート環境で利用しているかどうかの結果です。

  1. デュアルブートではない(62.2%)
  2. Windowsとデュアルブート(29.3%)
  3. 他のLinuxディストリビューションとデュアルブート(4.4%)
  4. macOSとデュアルブート(3.5%)

シングルブート(1つのLinuxディストリビューションのみ利用)しているユーザーが多いですね。

Windowsとデュアルブートしているユーザーが3割程度と、思っていたより少ない印象です。
Windows用のPCが別にあるユーザーもいるでしょうから、上記の結果はWindowsを併用しているユーザーが少ないということにはなりません。

さて日本では、「Microsoft Office」などWindows向けソフトウェアを利用せざるを得ない状況が散見され、Windowsとデュアルブートしているユーザーの割合がもっと多いように感じますが、どうでしょうか。

4.Linuxデスクトップの主な利用目的は?

Linuxデスクトップの主な利用目的は、以下のようになっています。

  1. Webブラウジング(82.5%)
  2. ソフトウェア開発(73.1%)
  3. 事務作業(47.7%)
  4. マルチメディア(45.2%) 
  5. 授業・学業(25.3%)
  6. ゲーム(21.1%)

ソフトウェア開発で利用しているユーザーが非常に多いですね。

この結果から、アンケート回答者には多くの開発者が含まれており、ノートPCユーザーが利用しているLinuxディストリビューションは、開発向き及び開発でも利用できるOSが積極的に選択されているのかもしれません。

「2.」で「Linux Mint」が思いの外振るわなかったのですが、この傾向に影響を受けているのかもしれません。

ちなみにこの結果は複数回答できる項目なので、 割合のトータルは100%を超えます。

5.所有しているノートPCのブランドは?

所有しているノートPCのブランド上位5つは、以下のようになっています。

  1. Lenovo(39.6%)
  2. Dell(27.8%)
  3. ASUS(16%)
  4. HP(15%)
  5. Apple / Acer(共に11.3%)

6.どこのGPU使ってる?

利用しているGPUのブランド上位3つは、以下のようになっています。

  1. Intel(64.1%)
  2. NVIDIA(26.3%)
  3. Radeon(8.1%)

過半数以上の人がIntelの内蔵GPUを利用していますね。

7.Linuxのセットアップでトラブルになった点は?

Linuxのセットアップでトラブルになった点は、以下のようになっています。

  1. ディスプレイやGPUに関連する問題(26.1%)
  2. WiFi / Bluetoothに関連する問題(18.8%)
  3. バッテリーの持ちが悪い(18.7%)
  4. UEFI / セキュアブートに関連する問題(12.8%)
  5. マルチメディアキー/ホットキーに関連する問題(6.8%)
  6. タッチパッドに関連する問題(6.6%)

あくまで1つの指標

本アンケート結果は、あくまで1つの指標にすぎません。
そのためこの結果がすべての分野や状況における結果と一致するとは限りません。

目安程度に参照すると良いでしょう。

関連記事一覧
オプション