kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Linux Mint 18.2へアップグレードするには

公式サイトにて、「Linux Mint 18.2」へのアップグレード方法が紹介されています。



アップグレードの注意事項

アップグレードの注意事項です。

1.Linux Mint 18.2のリリース情報

「Linux Mint 18.2」の変更点やリリースノートについては、以下を参照してください。


2.Linux Kernelのバージョンは維持される

「Linux Mint 18.2」へアップグレードしても「Linux Kernel」のバージョンは変更されません。
必要ならユーザーはアップグレード後、「Linux Kernel」のバージョンを変更(アップグレード)することができます。

3.ソフトウェア構成はアップグレー前の環境が維持される 

依存関係上問題のないソフトウェアは、アップグレード前の環境がそのまま維持されます。
そのため「Brasero」は自動的に削除されません。

4.ディスプレイマネージャーは切り替わらない

「MDM」が自動的に「LightDM」に切り替わることはありません。
必要なら後で切り替えることも可能ですが、切り替えは必須ではありません。

5.設定ファイルの置き換え画面が表示されたら

アップグレード実行中に、以下のような設定ファイルの置き換え画面が表示されたら、「置換」ボタンをクリックしてください。


6.事前にスクリーンセーバーをオフにしておく

忘れずに事前にスクリーンセーバーをオフにしておいてください。
もしアップグレード中にスクリーンセーバーが起動しロック画面から戻れなくなった場合は、以下の方法でスクリーンセーバーを終了させてください。

1.コンソールに切り替え

「CTRL+ALT+F1」キーを押してコンソールに切り替えます。

2.スクリーンセーバーの終了

Cinnamonの場合は、以下のコマンドを実行します。

killall cinnamon-screensaver

MATEの場合は、以下のコマンドを実行します。

killall mate-screensaver

3.デスクトップ画面に戻る

以下のいずれかのキーを押して、デスクトップ画面に戻ります。

  • CTRL+ALT+F7
  • CTRL+ALT+F8

Linux Mint 18.2へアップグレードする方法

「Linux Mint 18.2」へアップグレードする方法です。

1.アップデートマネージャーのアップデート

事前に「アップデートマネージャー」を起動し、各アップデートを適用しておきます。


2.アップグレード開始

「アップデートマネージャー」を起動し、「編集」メニューから「Linux Mint 18.2 Sonyaへアップグレード」をクリックします。


3.アップグレード

以下のようにアップグレードの案内が表示されるので、画面の案内に従いアップグレードを行います。


4.設定ファイルの置き換え画面が表示されたら

アップグレード実行中に、以下のような設定ファイルの置き換え画面が表示されたら、「置換」ボタンをクリックしてください。


5.アップグレード完了

アップグレードが完了したら、PCを再起動してください。
以上で完了です。

MDMからLightDMへ切り替えるには

ディスプレイマネージャーを「MDM」から「LightDM」へ切り替える方法です。
初心者にはお勧めしません。

1.パッケージのインストール

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

apt install slick-greeter lightdm lightdm-settings apparmor

2.LightDMの選択

上記のコマンド実行中にディスプレイマネージャーの選択画面が表示されたら、「LightDM」を選択してください。

これでディスプレイマネージャーが「LightDM」に切り替わります。

3.MDMのアンインストール

以下のコマンドを実行し、「MDM」を削除します。

apt remove mdm

後はPCを再起動してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション