kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

WindowsからLinuxのシェルを起動する3つの方法

WindowsからLinuxのシェルを起動する3つの方法の紹介です。



1.デフォルトのディストリビューションをデフォルトのシェルで起動する

デフォルトのディストリビューションをデフォルトのシェルで起動する方法です。
以下のコマンドを実行します。

wsl


デフォルトのディストリビューションとは

デフォルトのディストリビューションとは、ユーザーが予め設定したデフォルトのディストリビューションのことです。
デフォルトのディストリビューションの設定方法は、以下を参照してください。


デフォルトのシェルとは

デフォルトのシェルとは、ユーザーがディストリビューション側で設定したデフォルトのシェルのことです。

Ubuntuのデフォルトのシェルは、以下のコマンドを実行すれば変更できます。

chsh

ログインシェルを指定するように促されるので、デフォルトにしたいシェルを指定します。
「zsh」を指定する場合、以下のようになります。


もしくは「-s」オプションでシェルを指定し、デフォルトのシェルを変更することもできます。

chsh -s `which zsh`


デフォルトのシェルを変更したら、すべてのUbuntuセッションを閉じてからUbuntuを起動してください。
以下のよう指定したシェルでUbuntuが起動します。


2.デフォルトのディストリビューションのBashを起動する

デフォルトのディストリビューションのBashを起動する方法です。
ディストリビューション側でBash以外のシェルがデフォルトのシェルになっていても、Bashを起動します。

以下のコマンドを実行します。

bash


3.指定したディストリビューションをデフォルトのシェルで起動する

指定したディストリビューションをデフォルトのシェルで起動するには、ディストリビューションの実行ファイルを実行すればOKです。


ディストリビューションの実行ファイル名

ディストリビューションの実行ファイル名は、以下のコマンドで調べることができます。

wslconfig /list


4.実行するコマンドを指定してディストリビューションを起動するには

上記で紹介した各コマンドは、ディストリビューションで実行したいコマンドを指定することができます。

wsl 実行するコマンド

bash -c 実行するコマンド

ディストリビューションの実行ファイル -c 実行するコマンド


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション