kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu Desktopニュースレター

「Ubuntu Desktop」ユーザー及び開発者の多くが関心を持つであろう情報が紹介されています。



GNOME

「GNOME」やデスクトップ環境に関する話題です。

1.デフォルトのディスプレイサーバーをXorgに変更

「Ubuntu 18.04」では、デフォルトのディスプレイサーバーが「Wayland」から「Xorg」に変更されました。


2.Ubuntu Dockのアップデート

デスクトップ画面の左側に配置される「Ubuntu Dock」は、最新のアップストリームの変更を取り込み、さらに不具合の修正が行われました。
この「Ubuntu Dock」は「Ubuntu 18.0」向けにアップロードされました。

3.GNOME ShellのCPU使用率低減

「GNOME Shell」が変更されていないパネルやドックを毎回再描画する挙動があり、この挙動を修正することで「GNOME Shell」のCPU使用率を低減しました。


4.GNOME Shellの改良作業

以下の「GNOME Shell」の改良作業が行われています。


5.ユーザーセッションをsystemdへ移す作業

ユーザーセッションを「systemd」へ移す作業が行われています。
この結果「GNOME Clocks」がアラームを「systemd」経由で設定できるようになり、アラームを監視するために常に「GNOME Clocks」を起動しておく必要がなくなります。

Snap

「Snap 」に関する話題です。

1.GNOME Softwareの改良

「GNOME Software」がClassic Snapパッケージをインストールできない不具合が修正されました。
Classic Snapは、Snapsが持つ機能であるファイルシステムの隔離を無効にし、ホストのファイルシステムにアクセスできるようにするタイプのSnapです。
テキストエディター系はこのタイプがよく選択されています。

また「Ubuntu 18.04」向けの「GNOME Software」でもっと素早くユーザーにアップデートを提供できるようにするため、「Snap」の改良作業が行われています。

2.Chromiumのアップデート

Snap版「Chromium 63.0.3239.132」が「Ubuntu 17.10」、「Ubuntu 16.04」、「Ubuntu 14.04」向けに提供されています。
また「Chromium 64.0.3282.119」が「Ubuntu 18.04」及び「candidate」チャンネルで利用可能です。
加えてテスト向けに「edge」チャンネルで「Chromium 65.0.3325.18」が利用可能です。

その他

その他の話題です。

1.Bluetoothの改善

「Intel 8260/8265」向けの不具合が修正され、リリースが行われました。


2.タッチパッドの不具合修正

また「Ubuntu 18.04」では、「libinput」でタッチパッドの動作にラグが出る不具合が修正されました。

3.ソフトウェアとアップデートの改良

アップデートが先延ばしになっている場合、5日毎にアップデートの通知を表示するようになりました。

4.travis.debian.netの改善

Debianの派生ディストリビューションを「travis.debian.net」でサポートできるように改善されました。


5.脆弱性の修正

ディレクトリーのパーミッションに関する問題が修正されました。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション