kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Kali Linuxが利用可能に

2018年3月5日、「WSL」上で「Kali Linux」が利用可能になりました。



Kali Linux」は、ペネトレーションテストやセキュリティーの監査に焦点をあてたLinuxディストリビューションです。

WindowsストアからKali Linuxをインストールするには

事前にシステム要件を確認し、「Kali Linux」を利用できる環境かどうか確認しておきましょう。


システム要件に加え、「Kali Linux」を利用するには事前に「WSL」をインストールしておく必要があります。
ここでは「WSL」のインストールと「Kali Linux」のインストールを分けて紹介します。

1.WSLのインストール

まず「WSL」のインストールから行います。
すでに「WSL」をインストールしている場合、この手順を飛ばしてください。
「WSL」のインストール方法は、以下を参照してください。


2.Kali Linuxのインストール

次に「Kali Linux」をインストールします。

2-1.Kali Linuxの検索

「Microsoft Store」を起動し、「Kali Linux」を検索します。


2-2.Kali Linuxのインストール開始

以下の画面が表示されたら、「入手」ボタンをクリックします。


2-3.Kali Linuxの起動

インストールが完了したら「起動」ボタンをクリックし、「Kali Linux」を起動します。


コマンドプロンプトから「kali」で「Kali Linux」を起動することも可能です。


2-4.ユーザー名の入力

最初に「Kali Linux」のデプロイが行われるため、しばらく待ちましょう。
デプロイが完了すると、以下の画面が表示されます。
「Kali Linux」で利用するユーザー名を入力します。


必ずしもWindowsのユーザー名と一致している必要はありません。
ユーザー名は英数字と一部の記号のみ利用可能です。
ユーザー名を入力したら「エンター」キーを押します。

2-5.パスワードの入力

「2-4.」で指定したユーザーのパスワードを設定します。


パスワードを入力したら「エンター」キーを押します。

注意

入力したパスワードは表示されません。
キーを押しても何も変化がないように見えますが、実際はちゃんと入力されているので注意してください。

2-6.パスワードの入力

確認のため「2-5.」で入力したパスワードと同じパスワードを入力します。


パスワードを入力したら「エンター」キーを押します。

2-7.セットアップ完了

以上でセットアップ完了です。
以下のように「Kali Linux」を利用できます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション