kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu Budgie 18.04の新機能や変更点をピックアップ

「Ubuntu Budgie 18.04」の新機能や変更点を紹介します。



「Ubuntu Budgie」はデスクトップ環境に「Budgie Desktop」を採用した「Ubuntu」のフレーバーです。
「Ubuntu」と共通したコアコンポーネントを採用しており、また「Budgie」の採用により、シンプルでありながらモダンなUIを提供します。

1.サポート期間

「Ubuntu Budgie 18.04」のサポート期間は3年です。
2021年4月までサポートが提供されます。

2.openvnc接続のサポート

「network-manager」アプレット経由で「openvnc」接続が利用できるようになりました。

3.フォントの扱いの改善

中国語および韓国語のフォントの扱いが改善されました。

4.最小インストールのサポート

「Ubuntu Budgie 18.04」インストール時に、デスクトップ環境とユーティリティー、そして「Chromium」のみインストールする最小インストールがサポートされました。

デスクトップの変更点

デスクトップに関連する変更点です。

1.カラー絵文字のサポート

カラー絵文字がサポートされ、「GNOME Characters」でカラー絵文字の一覧表示や検索が行えるようになりました。

2.キーボードショートカット

キーボードショートカットが改善されました。

ショートカットキー 機能
Shift+Ctrl+Print Screen 指定された領域をクリップボードにコピーする
Shift+Print Screen 指定された領域を~/ピクチャに保存する
Ctrl+Print Screen ウィンドウをクリップボードにコピーする
Alt+Print Screen ウィンドウを~/ピクチャにコピーする
Super+D デスクトップの切り替え
Super+E 新しいウィンドウでNautilusを起動
Alt+Q
F12
Tilix Quakeモードの表示

3.Window shuffler

アプリのウィンドウを整列して配置する「Window shuffler」がサポートされました。


4.動的ワークスペースのサポート

動的ワークスペースがサポートされました。
ワークスペースを切り替える時、視覚的な表示を行うようになりました。


ワークスペースの切り替えは、「Ctrl+Alt+左右カーソルキー」で切り替えられます。
また最後のワークスペースが選択されている状態で「Ctrl+Alt+→」キーを押すと、新しいワークスペースが動的に追加されます。
「Ctrl+Alt+←」キーを押すと、動的に追加され使われていないワークスペースが削除されます。

5.セッション操作の項目追加

以下のセッション操作を行う項目が追加されました。

  • ログアウト
  • シャットダウン
  • サスペンド
  • 再起動


6.Snap版Budgie Welcome

「Budgie Welcome」はSnap版がインストールされます。
これにより今までより積極的なアップデートを提供できるようになります。
翻訳も大量にアップデートされており、コミュニティーページなど一部のデザインが変更されました。

また「Ubuntu」のポリシーに従い、「Chrome」や「Vivaldi」、「Ubuntu BudgieバックポートPPA」といったサードパーティーのリポジトリーのインストールでは、確認画面が表示されるようになりました。

テーマの変更

以下の新しくなったテーマをインストールできるようになりました。

  • Pop GTKテーマ
  • Ant GTKテーマ
  • Adapta GTKテーマ

また「Flat-Platテーマ」が「Materia GTKテーマ」に置き換わりました。

7.Alternative Toolbar

「Rhythmbox」のプラグインである「Alternative Toolbar」は、「Ubuntu Budgie 17.10」の時に報告されたクラッシュする不具合が修正されています。

8.Budgie Indicator Applet 

縦に配置したパネルで「Budgie Indicator Applet」が利用できるようになりました。

アートワークに関する変更点

テーマやデザインなどアートワークに関する変更点です。

1.テーマの変更

新しいテーマである「Pocillo」が追加されました。
また「Pocillo」がデフォルトのテーマになりました。


アプリのウィンドウが最大化されている時とそうでない時で、パネルの透過度が変化するようになりました。
ダーク、ライト、標準の3種類のカラーリング及びスリムタイプのテーマが提供されています。

2.Vimixテーマ

バックポートPPAから「Vimixテーマ」がインストールできるようになりました。

3.Slick Greeter

「Slick Greeter」はログイン画面のUIを提供するソフトウェアです。
マルチモニターのサポートが改善されました。

4.壁紙

コミュニティー提供による新しい壁紙が含まれています。

Ubuntuの変更点や既知の問題

「Linux kernel」などコアコンポーネントは「Ubuntu」と共有しています。
共有部分の変更点や既知の問題は、「Ubuntu」の変更点や既知の問題を参考にしてください。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション