kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu MATE 18.04の新機能や変更点をピックアップ(後編)

「Ubuntu MATE 18.04」の新機能や変更点を紹介します。



前編は以下を参照してください。


MATE Tweak

「MATE Tweak」はデスクトップをカスタマイズするためのツールです。


1.HiDPIの設定

「MATE Tweak」は、以下の「HiDPI」の設定を切り替えられるようになりました。

  • 自動検出
  • 通常のスケーリング
  • HiDPIの強制スケーリング

2.フォント設定ボタンの追加 

フォント設定ボタンが追加され、フォントのDPIを調整する画面に簡単にアクセスできるようになりました。

3.インターフェースセクションの削除

今まで「インターフェース」で変更できていた設定が「GTK+3」から削除されたため、「インターフェース」セクションが削除されました。

4.レイアウトの切り替えの安定性向上

レイアウトの切り替えの安定性が向上しました。

5.Dockステータスの保存

レイアウトを保存すると、Dockの状態も保存されるようになりました。

ようこそ

「ようこそ」では、「Ubuntu MATE」の紹介やアプリのインストールなど、多くのユーザーにとって共通的な、あるいはユーザーに推奨する作業が行えるようになっています。


1.アプリケーションの一括処理が可能に

複数のアプリケーションのインストールやアンインストールを一括して行えるようになりました。

2.様々なブラウザーのインストールが簡単に

「Browser Selection」から様々なブラウザーのインストールが簡単に行えるようになりました。


3.システム情報の送信

「Ubuntu MATE」の開発及びその成果をよりユーザーの期待に沿う結果に導くため、システム情報の送信機能が追加されました。


以前紹介した「Ubuntu」で実装されている機能と同じです。


個人を特定する情報は含まれないため、可能ならばシステム情報の送信に協力してください。

ログイン画面

ログイン画面の変更点です。

1.グリーターの変更

グリーターはログイン画面のUIを提供するソフトウェアです。


「Ubuntu MATE 17.10」開発時にグリーターが「Slick Greeter」に変更されました。
このグリーターは「HiDPI」に対応しています。

2.ログイン画面の設定

「コントロールセンター」の「ログイン画面」から「Slick Greeter」の設定を行えるようになりました。


インストーラーの変更点

インストーラーの変更点です。

1.最小インストール

「Ubuntu MATE」インストール時に、最小インストールを行えるようになりました。

最小インストールでは、「MATE Desktop」、ユーティリティー、テーマ、「Firefox」飲みをインストールします。
通常インストールから削除されるアプリの詳細は、以下を参照してください。


アートワーク

アートワークの変更点です。

1.テーマ

「Ambiant-MATE」のダークカラー版が追加されました。


「Ubuntu MATE」のすべてのテーマは「GTK 3.22」と完全な互換性があり、また見た目に綻びがないように作業され、テーマの品質が向上しています。
また「HiDPI」を意識した設計になっています。

2.壁紙

「mate-backgrounds」はデフォルトでインストールされなくなりました。
壁紙は「」からピックアップされています。

3.絵文字とフォント

日本語、中国語、韓国語向けフォントが「Noto Sans」に変更されました。
「MATE Desktop 1.20」は絵文字入力をサポートしているため、カラー絵文字のフォントも追加されています。


絵文字を入力するには「Ctrl + Shift + e」を押した後、絵文字に対応した文字「:-)」などを入力するか、コンテキストメニューから「Insert Emoji」をクリックしてください。

Ubuntuの変更点や既知の問題

「Linux kernel」などコアコンポーネントは「Ubuntu」と共有しています。
共有部分の変更点や既知の問題は、「Ubuntu」の変更点や既知の問題を参考にしてください。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション