kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

MATE 1.24がリリースされました

2020年2月10日、「MATE 1.24」がリリースされました。


約1年ぶりのアップデート

前回リリースされた「MATE 1.22」から約1年ぶりのアップデートとなります。
そのため非常に多くの不具合修正や機能の改良が行われています。

「MATE 1.24」の主要な変更点を紹介します。


MATE

「MATE」は「Ubuntu MATE」で採用されているデスクトップ環境です。


他にも「Linux Mint MATE Edition」等様々なLinuxディストリビューションでも採用されています。
軽量系のデスクトップ環境であり、愛用しているユーザーも多いかと思います。

システム

システム全体に関する変更点です。

ログイン時に表示するアプリの設定

起動時に表示するアプリを設定できるようになりました。

Marco(ウィンドウマネージャー)

  • ウィンドウ装飾の追加
  • ウィンドウのリサイズ領域の改善と操作性の向上
  • ウィンドウコントロール(最大化や最小化などのボタン)がHiDPIに対応
  • Alt+Tabとワークスペース切り替え機能の改良による、OSDスタイルでの表示とカスタマイズ性の向上、アローキーの対応 
  • キーボードによるウィンドウタイリングの改良

コントロールセンター

HiDPI環境でアイコンが正しく描画されるようになりました。

Time And Date Manager

新しい「Time And Date Manager」が追加されました。

マウス

加速プロファイルがサポートされました。

Preferred Applications(お気に入りのアプリ設定)

アクセシビリティーの改善とIMクライアントとの統合が改善されました。

Do-Not-Disturbモードのサポート

通知デーモンが通知を抑制するDo-Not-Disturbモードをサポートしました。

MATEパネル

MATEパネルに関する変更点です。

MATEパネル

  • レイアウト切替時のクラッシュ修正
  • Waylandサポートの大幅な改善
  • ステータスアイコンのHiDPIサポート

インジケーターアプレット

奇数サイズのアイコンの扱いが改善されました。

System Monitorパネルアプレット

「NVMe」ドライブをサポートしました。

ネットワークマネージャーアプレット

ネットワークマネージャーアプレットのアイコンが改良され、HiDPI環境でで綺麗に表示されるようになりました。

ウィンドウリストアプレット

マウスホーバー時にウィンドウサムネイルの表示をサポートしました。

Wanda the Fish

HiDPIに対応しました。

アクセシビリティーの改善

パネルやアプレットのアクセシビリティーが改善されました。

アプリケーション

アプリケーションに関する変更点です。

Engrampa(アーカイバー)

「Engrampa」で扱えるアーカイブ形式が追加されました。
また一部のアーカイブ形式では、パスワードやユニコード文字が扱えるようになりました。

Eye of MATE(画像ビューア)

  • Waylandのサポート
  • 埋め込みカラープロファイルに対応
  • サムネイル生成処理の実装し直しと不具合の修正
  • webpのサポート

Calculator(電卓)

  • pi及びπのサポート
  • 科学的記数法のサポート改善
  • 定義済み物理定数の修正

MATE Disk Image Mounter

新しい「MATE Disk Image Mounter」が追加されました。

Mozo(メニューエディター)

アクションのアンドゥとリドゥをサポートしました。

Pluma(テキストエディター)

  • プラグインの「Python3」への移行
  • フォーマットマークの表示サポート

その他

すべてのアプリは、「intltools」から「gettext」へ移行しました。
またその他詳細な変更点は、上記リリースノートを参照してください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション