kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Linux Mint月刊ニュース

「Linux Mint」開発チームは、Linux Mint月刊ニュースにて「Linux Mint」の開発状況や取り組みを紹介しています。



「Linux Mint」開発チームでは、「LMDE 4」と「Linux Mint 20」に向けた開発作業が始まっています。

LMDE 4

まず「LMDE 4」が最初にリリースされる予定です。

Linux Mint 19.3で実装された機能や改善の取り込み

「LMDE 4」では、「Linux Mint 19.3」で実装されたすべての機能や改善が取り込まれる予定です。
例えば以下の機能や改善が挙げられます。

  • HDT
  • boot-repair
  • システムレポート
  • 言語設定
  • HiDPIの改善
  • アートワークの改善
  • 新しいブートメニュー
  • Celluloid
  • Gnote
  • Drawing
  • Cinnamon 4.4
  • XAppステータスアイコン

また「LMDE 3」で欠けていた機能の一部が「Linux Mint」から移植されました。

インストーラーの改善

インストーラーのデザインが改良され、「ubiquity」と同じスライドショーが表示されるようになりました。


また「Btrfs」サブモジュールのサポートとホームディレクトリーの暗号化がサポートされました。


NVIDIA GPUドライバーの利用が簡単に

一部のNVIDIA GPUは、オープンソースドライバーの「Nouveau」との互換性に問題があり、多くのケースでユーザーはこの問題を回避するため、「nomodeset」を利用する必要がありました。
しかし「Nouveau」がGPUを全く認識しない場合、ディスプレイに何も出力されなくなります。

そこで「LMDE 4」では、ブートメニューにプロプライエタリードライバーのNVIDIA GPUドライバーをオンザフライでインストールする起動項目が追加されます。
現在この作業が行われています。


これによりユーザーは、ライブセッションでもOSインストール後の環境でも、NVIDIA GPUドライバーをそのまま利用できます。

Debian 10ベース

「LMDE 4」は「Debian 10」のパッケージがベースになります。

Cinnamon 4.6

「Cinnamon 4.6」の改良作業です。

ディスプレイ設定

ディスプレイの設定画面では、リフレッシュレートの選択が可能になる予定です。
また分数スケーリングもサポートされる予定です。


現在のスケーリング設定は、ノーマルモードの100%かHiDPIモードの200%のどちらかになり、すべてのモニターで同じスケーリングが適用されます。
しかし今後は、スケーリングの設定を各モニターごとに設定できるようになり、またスケーリングを100%から200%の間(125%/150%/175%)で設定できるようになります。
現在分数スケーリングのアルファーテストが様々なGPUで行われています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション