kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

LMDE 4の新機能と変更点

リリースノートから「LMDE 4」の新機能と変更点を紹介します。


「LMDE 4」のリリース情報は、以下を参照してください。


主な新機能

「LMDE 4」では多くの改良が含まれています。
ここでは主な新機能を紹介します。

インストール/インストーラー

  • インストーラーが刷新されました。
  • パーティションの自動構成でLVMとディスクの完全な暗号化がサポートされました。
  • ホームディレクトリーの暗号化がサポートされました。
  • NVIDIAドライバーの自動インストールがサポートされました。
  • microcodeパッケージの自動インストールに対応しました。

ハードウェア

  • NVMeがサポートされました。

システム

  • セキュアブートがサポートされました。
  • Btrfsサブモジュールがサポートされました。
  • VirtualBoxでライブセッション利用時、自動調整の最小の解像度がXGA(1024 x 768)に設定されました。
  • Linux Mint 19.3で取り込まれた改良が反映されました。(※1) 
  • APTの推奨(recommends)がデフォルトで有効になりました。
  • deb-multimediaリポジトリー及びパッケージが削除されました。
  • Debian 10 Buster及びbackportsリポジトリーのパッケージがベースになっています。

(※1)

  • HDT
  • Boot-repair
  • System reports
  • 言語設定
  • HiDPI
  • アートワークの改良
  • 新しいブートメニュー
  • Celluloid
  • Gnote
  • Drawing
  • Cinnamon 4.4
  • XAppステータスアイコン
  • その他 

LMDEインストーラー

「LMDE」インストーラーに関する情報です。

1.エキスパートモードでインストーラーを起動するには

エキスパートモードでインストーラーを起動するには、以下のコマンドを実行します。

live-installer-expert-mode

2.Btrfsのセットアップ

手動でパーティション構成を行うモードでは、例えば「/@」と「/@home」のように、同一パーティション上の複数のサブモジュールで、「Btrfs」のセットアップはサポートされていません。
この構成で「Btrfs」のセットアップを行うには、エキスパートモードを使用してください。

3.既存のLVMパーティションにインストールする場合

既存の「LVMパーティション」に「LMDE」をインストールする場合、まず初めにその「LVMパーティション」が属している「LVMボリューム」とグループから、「LVMパーティション」を削除してください。

4.スワップパーティション

手動パーティションモードでは、インストーラーはすべてのスワップパーティションを自動的にマウントし、 それらのスワップパーティションはインストール後のシステムでも「/etc/fstab」に記述され使用されます。

既知の問題とTips

その他既知の問題とTipsです。

1.Yumi multiboot

「LMDE」のディスクイメージ及びライブインストーラーは、他のディストリビューションで使用されている構造と異なる構造を使用します。

そのため「LMDE」で「Yumi」やそれに類似するマルチブートツールを使用しないでください。
適切にインストールできません。

2.rootアカウントのロック

「root」アカウントはデフォルトでロックされています。
GRUBメニューからリカバリーコンソールを使用する場合や、「root」でログインする場合は、まず「root」に新しいパスワードを設定してください。
以下のコマンドを実行すれば「root」に新しいパスワードを設定できます。

sudo passwd root

3.VirtualBox Guest Additions

仮想マシンにインストールした「LMDE」で、共有フォルダーやホスト・クライアント間のドラッグ&ドロップ、アクセラレーションや適切なディスプレイ解像度を得るには、仮想マシンに「Guest Additions」のインストールが必要です。

「Guest Additions」をインストールするには、仮想マシンの「デバイス」メニューを開き「Guest Additions CDイメージの挿入」をクリックしてください。
ダウンロードの案内が表示されたら、ダウンロードを行ってください。
その後は以下の内容に従い「Guest Additions」をインストールしてください。


4.サウンド関連

音が出ないなどマイクやサウンドの出力に問題が発生した場合は、「pavucontrol」をインストールしてください。
アプリケーションランチャーに「PulseAudio Volume Control」が追加されるので「PulseAudio Volume Control」を起動し、サウンドに関するオプションを変更・設定してください。

「PulseAudio Volume Control」はデフォルトのボリュームコントロールより、より多くの設定が可能です。

5.VLCがDVDディスクを見つけられない時は

「VLC」がDVDドライブに挿入したDVDディスクを見つけられない時は、「メディア」メニューから「ディスクを開く」を選択し、「/dev/sr0」をドライブに指定してください。

6.KDEアプリの動作がおかしい時は

「Okular」や「Gwenview」などKDEアプリ利用時に問題が発生した場合は、以下のコマンドを実行します。

apt install kdelibs-bin kdelibs5-data kdelibs5-plugins

7.その他既知の問題や変更点

その他既知の問題や変更点は、「Debian 10(buster)」のリリースノートを参照してください。


8.ライブセッションのアカウント

ライブセッションでは、以下のアカウントを利用しています。

  • ユーザー名:mint
  • パスワード:なし

9.画面からウィンドウがはみ出す場合は

アプリのウィンドウが画面からはみ出す場合は、「Alt」キーを押しながらウィンドウの任意の部分をドラッグ&ドロップしてください。
これでアプリのウィンドウを移動することができます。

10.PAEをサポートしたカーネルを利用するには

「LMDE 4 32bit版」では、互換性を確保するため「PAE」非対応の「Linux kernel」を採用しています。
「PAE」を有効にするには以下のコマンドを1行ずつ実行し、「PAE」に対応した「Linux kernel」をインストールしてください。

apt update
apt install linux-headers-686-pae linux-image-686-pae

「Linux kernel」インストール後、PCを再起動しインストールした「Linux kernel」からOSを起動してください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション