kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

既定のフォルダー

  ここでいう既定のフォルダーとは、「デスクトップ」や「ドキュメント」など標準的なフォルダーのことです。


  「.config」など隠しフォルダーは除きます。
  隠しフォルダーについては、「XDG Base Directory Specificationについて」を参考にしてください。
  各フォルダーの役割については「ホームフォルダ、アプリの設定ファイル」を参考にしてください。

  具体的に既定のフォルダーを列挙すると、以下のフォルダーが該当します。

  • 公開
  • ダウンロード
  • ミュージック
  • ビデオ
  • デスクトップ
  • ドキュメント
  • テンプレート
  • ピクチャ

  すべてユーザーのホームフォルダー(~/)直下に作成されるフォルダーです。

既定のフォルダーの特徴

  既定のフォルダーの特徴です。
  既定のフォルダーはwell known folder(よく知られたフォルダー)と表現されることもあります。

  フォルダーの扱い

    Windowsでもそうなのですが、これらのフォルダーはすべてのアプリから共通的な方法で利用できるフォルダーになっています。
    Ubuntuに限った話ではなく、他のフレーバーでも同様の扱いをします。

    アプリが既定のフォルダーのパスを取得する場合、既定のフォルダーのパスを取得する手段が提供されており、その手段を用いてフォルダーのパスを取得します。

    従って通常作成するフォルダーと異なり、特別な扱いをされるフォルダーという事になります。

  フォルダー名について

    フォルダー名は、ユーザーの言語環境に応じて異なります。
    例えば英語環境の場合、以下のようになります。


  • Public
  • Downloads
  • Music
  • Videos
  • Desktop
  • Documents
  • Templates
  • Pictures

xdg-user-dirs

  これらの仕組みを提供しているのが、「xdg-user-dirs」です。
  Ubuntuでは標準でインストールされています。


  作成される既定のフォルダー

    どのようなフォルダーが既定のフォルダーとして作成されるかは、「/etc/xdg/user-dirs.defaults」に記述されています。


    テキストエディターで開くと、以下のように作成する既定のフォルダーが記述されています。


    「#」で始まる行はコメント行で、無視されます。
    例えば「DESKTOP=Desktop」は、「DESKTOP」がキーで「Desktop」が値になります。

    すなわち「DESKTOP」キーに対応したフォルダーは、「Desktop」フォルダー(~/Desktop)という事になります。
    ここで記述されるフォルダー名は、ローカライズされていないフォルダー名です。

  フォルダー名のローカライズ

    上記にも記述した通り、ユーザーの言語環境によりフォルダー名が異なります。
    日本語に対応したフォルダー名は、「/usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/xdg-user-dirs.mo」に記述されています。


    これはテキスト形式のファイルではないため、テキストエディターで開くことはできません。

  フォルダーの設定ファイル

    作成された既定のフォルダーの情報は、「~/.config/user-dirs.dirs」に保存されます。


    テキストエディターで開くと、以下のようにフォルダーのパスが記述されています。


    また言語の情報が「~/.config/user-dirs.locale」に保存されます。


    テキストエディターで開くと、以下のように言語情報が記述されています。


    「xdg-user-dirs-gtk-update」で表示される「次回から表示しない」のチェックをオンにした場合、このファイルは存在しません。

  xdg-user-dir

    「xdg-user-dir」コマンドは、既定のフォルダーのパスを取得するコマンドです。
    既定のフォルダーのキーを指定すると、そのキーに対応したフォルダーのパスを表示します。


xdg-user-dirs-gtk

  「xdg-user-dirs-gtk」はユーザーの既定のフォルダーを言語環境に応じて変更するアプリです。
  アプリ名は「xdg-user-dirs-gtk-update」です。

  Ubuntuでは標準でインストールされています。


  xdg-user-dirs-gtk-update

    ユーザーが言語環境を変更し再ログインすると、以下のように既定のフォルダーを変更するかどうか、確認画面が表示されます。
    この機能を実現しているのが「xdg-user-dirs-gtk-update」です。
    「xdg-user-dirs-gtk-update」は「xdg-user-dirs-update」コマンドのフロントエンドです。
    ログイン時に実行されます。


    次回から表示しない

      次からこの画面を表示しません。

    古い名前のままにする

      フォルダー名を変更しません。

    名前を変更する

      ユーザーの言語環境に応じたフォルダー名に変更します。
      フォルダー名を変更しても、アプリが既定のフォルダーの仕組みを利用してフォルダーのパスを取得している場合、名前変更後のフォルダーを参照するようになります。

      例えば以下のように英語環境のユーザーを日本語環境に変更し、「名前を変更する」ボタンをクリックします。


     以下のように日本語のフォルダー名に変更されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション