kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

物理ボリュームの簡易情報

  物理ボリュームの簡易情報を表示します。
  表示される情報は少ないですが、一度に複数の物理ボリュームの情報を一覧で表示したい時に便利です。

  表示される情報は、物理ボリュームのアレイの情報です。


コマンドのフォーマット

  物理ボリュームのアレイの情報を表示します。
  コマンドのフォーマットは以下のとおりです。

    sudo mdadm --examine --brief 物理ボリュームのデバイスファイル

  物理ボリュームのデバイスファイルの指定について

    物理ボリュームのデバイスファイルは複数指定可能です。
    複数指定する場合は、各物理ボリュームのデバイスファイルをスペースで区切ります。

    注意(2014/3/18)

      表示されるアレイの情報は、指定された物理ボリュームの逆順から表示されます。
      例えば以下のコマンドの場合、「sdd2」「sdd1」の順でアレイの情報が表示されます。

      sudo mdadm --examine --brief /dev/sdd1 /dev/sdd2

  globによる記述

    物理ボリュームのデバイスファイルの指定は、globに対応しています。
    例えば以下の記述は、すべて同じ意味になります。

  • /dev/sdd1 /dev/sdd2 /dev/sdd3
  • /dev/sdd[123]
  • /dev/sdd[1-3]

環境について

  以下のサンプルで使用する論理ボリュームは、「RAID 0」アレイと「RAID 1」アレイの論理ボリュームです。

  サンプルで使用するアレイの作成方法や内容は、以下を参考にしてください。


コマンドの実行例と表示される情報

  コマンドの実行例と表示される情報の説明です。

  コマンド

    以下のコマンドを実行します。

sudo mdadm --examine --brief /dev/sdd1 /dev/sdd2

  コマンドの実行例

    以下のような情報が表示されます。

ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --examine --brief /dev/sdd1 /dev/sdd2
ARRAY /dev/md/RAID1Array metadata=1.2 UUID=d2867d91:c2119de3:1b158b71:818720a7 name=vb-ubuntu1310:RAID1Array
ARRAY /dev/md/RAID0Array metadata=1.2 UUID=1dbd06ff:2de85242:c866b0e4:dfc93e3a name=vb-ubuntu1310:RAID0Array
ubuntu@vb-ubuntu1310:~$

    各行にアレイの情報が表示されます。
    「/dev/md/RAID0Array」の情報を見てみます。

情報 概要
ARRAY アレイであることを示しています。
/dev/md/RAID0Array 論理ボリュームのデバイスファイルです。
metadata=1.2 メタデータのバージョンや種類です。
UUID=48e3de2b:10dcf0f3:b5e6ee33:a87d9f49 アレイのUUIDです。
name=vb-ubuntu1310:RAID0Array アレイのホームホストとアレイの名称です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション