kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

すべての論理ボリュームの情報を表示する

  今まで紹介した方法は、ユーザーが情報を表示したい論理ボリュームのデバイスファイルを指定していました。
  ここでは論理ボリュームのデバイスファイルを指定せずに、すべての論理ボリュームの情報を表示する方法を紹介します。

  論理ボリュームがたくさんある場合、表示される情報量が多く見通しが悪くなるかもしれません。
  状況に応じて使い分けると良いでしょう。

  表示される情報の種類

    表示される情報の種類には以下の3種類があります。

  • 簡易情報1
  • 簡易情報2
  • 詳細情報

  表示する情報の種類を指定するオプションについて

    表示する情報の種類は、以下のオプションの指定で制御します。

ショートオプション ロングオプション
-v --verbose

  ショートオプションとロングオプションについて

    上記のように「ショートオプション」と「ロングオプション」の2種類があります。
    どちらを利用しても良いでのですが、ここでは意味が分かりやすい「ロングオプション」を使用します。 

環境について

  以下のサンプルで使用する論理ボリュームは、「RAID 0」アレイと「RAID 1」アレイの論理ボリュームです。

  サンプルで使用するアレイの作成方法や内容は、以下を参考にしてください。


簡易情報1

  最も表示される情報が少ないです。
  設定ファイルの「ARRAY」の記述に利用されます。


  コマンド

    以下のコマンドを実行します。

sudo mdadm --detail --scan

  コマンドの実行例

    以下のように出力されます。

ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --detail --scan
ARRAY /dev/md/RAID0Array metadata=1.2 name=vb-ubuntu1310:RAID0Array UUID=58d48690:9d8914fb:5be14c43:c31dc408
ARRAY /dev/md/RAID1Array metadata=1.2 name=vb-ubuntu1310:RAID1Array UUID=48e3de2b:10dcf0f3:b5e6ee33:a87d9f49
ubuntu@vb-ubuntu1310:~$

    各行に論理ボリュームの情報が表示されます。
    「/dev/md/RAID0Array」の情報を見てみます。

情報 概要
ARRAY アレイであることを示しています。
/dev/md/RAID0Array 論理ボリュームのデバイスファイルです。
metadata=1.2 メタデータのバージョンや種類です。
(bitmap=/RAID1Array.bitmap) 外部ビットマップのビットマップファイルです。
name=vb-ubuntu1310:RAID0Array アレイのホームホストとアレイの名称です。
UUID=48e3de2b:10dcf0f3:b5e6ee33:a87d9f49 アレイのUUIDです。

簡易情報2

  上記の「簡易情報1」に加え、物理ボリュームの情報等が表示されます。
  設定ファイルの「ARRAY」の記述に利用されます。


  コマンド

    以下のコマンドを実行します。

sudo mdadm --detail --scan --verbose

  コマンドの実行例

    以下のように出力されます。

ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --detail --scan --verbose
ARRAY /dev/md/RAID0Array level=raid0 num-devices=3 metadata=1.2 name=vb-ubuntu1310:RAID0Array UUID=58d48690:9d8914fb:5be14c43:c31dc408
   devices=/dev/sdd1,/dev/sde1,/dev/sdf1
ARRAY /dev/md/RAID1Array level=raid1 num-devices=3 metadata=1.2 name=vb-ubuntu1310:RAID1Array UUID=48e3de2b:10dcf0f3:b5e6ee33:a87d9f49
   devices=/dev/sdd2,/dev/sde2,/dev/sdf2
ubuntu@vb-ubuntu1310:~$

    2行ずつ論理ボリュームの情報が表示されます。
    「/dev/md/RAID0Array」の情報を見てみます。

情報 概要
ARRAY アレイであることを示しています。
/dev/md/RAID0Array 論理ボリュームのデバイスファイルです。
level=raid0 アレイの種類が表示されます。
num-devices=3 アレイで使用する物理ボリュームの数(アレイのスロット数)です。
metadata=1.2 メタデータのバージョンや種類です。
(bitmap=/RAID1Array.bitmap) 外部ビットマップのビットマップファイルです。
name=vb-ubuntu1310:RAID0Array アレイのホームホストとアレイの名称です。
UUID=48e3de2b:10dcf0f3:b5e6ee33:a87d9f49 アレイのUUIDです。
devices=/dev/sdd1,/dev/sde1,/dev/sdf1 アレイを構成する物理ボリュームのデバイスファイルです。

詳細情報

  すべての論理ボリュームの詳細情報が表示されます。


  コマンド

    以下のコマンドを実行します。

sudo mdadm --detail --scan --verbose --verbose

  コマンドの実行例

    以下のように出力されます。

ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --detail --scan --verbose --verbose
/dev/md/RAID0Array:
        Version : 1.2
  Creation Time : Mon Mar 17 21:35:57 2014
     Raid Level : raid0
     Array Size : 307104 (299.96 MiB 314.47 MB)
   Raid Devices : 3
  Total Devices : 3
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Mon Mar 17 21:35:57 2014
          State : clean
 Active Devices : 3
Working Devices : 3
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

     Chunk Size : 32K

           Name : vb-ubuntu1310:RAID0Array  (local to host vb-ubuntu1310)
           UUID : 58d48690:9d8914fb:5be14c43:c31dc408
         Events : 0

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8       49        0      active sync   /dev/sdd1
       1       8       65        1      active sync   /dev/sde1
       2       8       81        2      active sync   /dev/sdf1
/dev/md/RAID1Array:
        Version : 1.2
  Creation Time : Mon Mar 17 21:36:00 2014
     Raid Level : raid1
     Array Size : 102272 (99.89 MiB 104.73 MB)
  Used Dev Size : 102272 (99.89 MiB 104.73 MB)
   Raid Devices : 3
  Total Devices : 3
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Mon Mar 17 21:49:45 2014
          State : clean
 Active Devices : 3
Working Devices : 3
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

           Name : vb-ubuntu1310:RAID1Array  (local to host vb-ubuntu1310)
           UUID : 48e3de2b:10dcf0f3:b5e6ee33:a87d9f49
         Events : 43

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8       50        0      active sync   /dev/sdd2
       3       8       66        1      active sync   /dev/sde2
       2       8       82        2      active sync   /dev/sdf2
ubuntu@vb-ubuntu1310:~$

    表示される情報は「論理ボリュームの詳細情報を表示する」と同じです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション