kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

スキャナーをネットワークに公開する

  「SANE」では、PCに接続されているスキャナーをネットワークに公開する機能を提供しています。
  スキャナーをネットワークに公開すれば、他のPCからスキャナーを利用できるようになります。

  デフォルトではこの機能がオフになっているため、この機能を利用するにはユーザーが設定ファイルを編集する必要があります。

  スキャナーの公開は「saned」(SANEネットワークデーモン)によって行われます。

SANEネットワークデーモンを起動する

  まずSANEネットワークデーモンが起動するように設定ファイルを編集します。

  1.編集する設定ファイルについて

    編集する設定ファイルは、「/etc/default/saned」です。


  2.テキストエディターの起動

    設定ファイルを編集するため、「root」でテキストエディターを起動します。
    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit /etc/default/saned


  3.編集箇所の確認

    以下のようにテキストエディターが起動し、「/etc/default/saned」ファイルが表示されます。
    編集箇所は以下の赤線の箇所です。


  4.設定を編集する

    「RUN=no」を「RUN=yes」に変更します。


    ファイルを保存してテキストエディターを終了します。
    これでUbuntu起動時にSANEネットワークデーモンが起動するようになります。

SANEネットワークデーモンの設定

  次にSANEネットワークデーモンの設定を行います。

  1.編集する設定ファイルについて

    編集する設定ファイルは、「/etc/sane.d/saned.conf」です。


  2.テキストエディターの起動

    設定ファイルを編集するため、「root」でテキストエディターを起動します。
    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit /etc/sane.d/saned.conf 


  3.アクセスを許可するPCの設定の確認

    以下のようにテキストエディターが起動し、「/etc/sane.d/saned.conf」ファイルが表示されます。

    アクセスを許可するPCの設定を確認します。
    何も記述しないとすべてのアクセスが拒否されます。


    アクセスを許可するPCのIPアドレスやホスト名を1行ずつ記述していきます。
    IPアドレスで指定する場合、CIDRによる指定が可能です。

    また「+」とだけ記述すると、すべてのPCからのアクセスを許可します。

    記述例

      以下の赤枠内に記述例があります。
      頭の「#」はコメントなので、実際に記述する時は頭に「#」を付けないでください。


  4.アクセスを許可するPCの設定

    ここでは例としてIPアドレス(IPv4)でアクセスを許可するPCを設定します。
    CIDRで指定しています。


    この記述の場合、192.168.56.0 〜 192.168.56.255のIPアドレスを持つPCからアクセスを許可します。

    以上で設定は完了です。
    ファイルを保存してテキストエディターを終了します。

    PCを再起動します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション