kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

画像フォーマットに関するセットアップを行う

  セットアップ画面を開き「表示」タブをクリックすると、メインウィンドウやプレビューウィンドウ関するセットアップを行うことができます。


メインウィンドウのサイズを固定

  チェックをオンにすると、メインウィンドウのサイズを自動的に調整し、ウィンドウサイズを固定します。

  チェックをオフにすると、ユーザーが任意にメインウィンドウのサイズを調整できるようになります。
  ウィンドウのサイズが小さく表示できない項目がある場合は、メインウィンドウ内のコンテンツをスクロールすることで、それらの項目にアクセスします。  


  この設定を反映するには、「XSane」を再起動する必要があります

プライベートカラーマップを使う

  この設定に意味はありません。

範囲を表示

  色補正の補正値など、値を範囲で設定する項目のコントロールの表示方法を、以下のメニューから選択します。


  スライダー(スケール)

    以下のようにスライダーで値を調整します。


  スライダー(スクロールバー)

    以下のようにスクロールバーで値を調整します。


  スピンボタン

    以下のようにスピンボタンで値を調整します。
    直接値を入力することもできます。


  スケールとスピンボタン

    以下のようにスケールとスピンボタンで値を調整します。
    直接値を入力することもできます。


  スクロールバーとスピンボタン

    以下のようにスクロールバーとスピンボタンで値を調整します。
    直接値を入力することもできます。


オーバーサンプリングをプレビュー

  プレビュースキャン実行時、スキャン解像度は低解像度で行われます。
  「XSane」がプレビュー実行時にスキャナーに指定するスキャン解像度は、ここで入力された値を掛けた解像度になります。

  より高い解像度でプレビュースキャンを行いたい場合は、1より大きい値を指定します。
  プレビュースキャンした画像を拡大表示すると、画質が悪く作業しづらい時に利用するとよいでしょう。
  「1」を指定すると、解像度の補正を行いません。

  大きな値を指定するとスキャン解像度が高くなるため、プレビュースキャンに時間がかかるようになります。

ガンマをプレビュー・ガンマ赤をプレビュー・ガンマ緑をプレビュー・ガンマ青をプレビュー

  プレビュースキャン実行時、元々指定されているガンマ補正の補正値に、ここで指定した補正値をかけて画像の補正を行います。
  適用されるのは、プレビュースキャンだけです。

  本スキャンした画像を表示した時の色合いと、プレビュースキャンでプレビューウィンドウに表示した画像の色合いが大きく異なる時に、値を調整するとよいでしょう。

  「1.00」を指定すると、元々指定されているガンマ補正の補正値に補正は行われません。

  補正対象の項目

    各設定項目は、メインウィンドウの色補正の以下の項目にそれぞれ補正を行います。


  プレビュー画面のキャリブレーション

    各設定項目の値をプレビュー画面に反映し、プレビュー画面のキャリブレーションを行うことができます。
    セットアップ画面を表示している間は、プレビュー画面に以下のようなキャリブレーション用の画像が表示されます。


    各ガンマ補正の補正値を変更し「適用」ボタンをクリックすれば、以下のようにガンマ補正が反映されます。


    キャリブレーションでは、メインウィンドウで指定するガンマ補正の補正値は反映されません。

Disable GIMP preview gamma

  「XSane」は「GIMP」から利用することができます。

  チェックをオンにすると、「GIMP」経由で「XSane」を起動した際、プレビュースキャン実行時にプレビュー用のガンマ補正の補正値に補正を行いません。

  以下のすべての設定に「1.00」を指定したのと同じ状態になります。

  • ガンマをプレビュー
  • ガンマ赤をプレビュー
  • ガンマ緑をプレビュー
  • ガンマ青をプレビュー

  チェックをオフにすると、通常通りガンマ補正の補正値に補正を行います。

ヘルプファイルビューワ

  「XSane」のヘルプを表示するブラウザーを指定します。
  基本的に変更する必要はありません。

「適用」ボタン

  「表示」タブで行った設定を保存し、「XSane」に反映します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション