kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コピーモードとは

  コピーモードは、本スキャンした画像をそのままプリンターで印刷するモードです。
  コピーモードを利用するには、モードメニューから「コピー」を選択します。


  コピーのセットアップ

    コピーモードを利用するには、事前にスキャナーとプリンターの設定を行っておく必要があります。
    設定については、「コピーのセットアップを行う」を参考にしてください。

コピーモード時のメインウィンドウのUI構成

  「コピー」選択時は、以下のようにコピー用の設定項目がメインウィンドウに表示されます。


  ここではコピー用の設定項目を見てみます。
  それ以外の設定項目については、「メインウィンドウのUI構成」を参考にしてください。

1.印刷部数

  印刷部数を指定します。
  例えば「3」と指定すると、1回スキャンするごとに3部印刷が行われます。

2.プリンターの選択

  スキャナー及びプリンターの設定をメニューから選択します。
  ここに表示されるプリンター名は、「コピーのセットアップ」で登録したプリンター名です。

3.画像の配置位置の指定

  本スキャンした画像の配置位置を以下のメニューから選択します。
  ここで選択した場所に、本スキャンした画像が印刷されます。



  1.左上(縦長のページ)

    用紙の左上に本スキャンした画像を印刷します。
    縦に印刷する時に有効です。

  2.右上(縦長のページ)

    用紙の右上に本スキャンした画像を印刷します。
    縦に印刷する時に有効です。

  3.右下(縦長のページ)

    用紙の右下に本スキャンした画像を印刷します。
    縦に印刷する時に有効です。

  4.左下(縦長のページ)

    用紙の左下に本スキャンした画像を印刷します。
    縦に印刷する時に有効です。

  5.中央(縦長のページ)

    用紙の中央に本スキャンした画像を印刷します。
    縦に印刷する時に有効です。

  6.左上(横長のページ)

    用紙の左上に本スキャンした画像を印刷します。
    横に印刷する時に有効です。

  7.右上(横長のページ)

    用紙の右上に本スキャンした画像を印刷します。
    横に印刷する時に有効です。

  8.右下(横長のページ)

    用紙の右下に本スキャンした画像を印刷します。
    横に印刷する時に有効です。

  9.左下(横長のページ)

    用紙の左下に本スキャンした画像を印刷します。
    横に印刷する時に有効です。

  10.中央(横長のページ)

    用紙の中央に本スキャンした画像を印刷します。
    横に印刷する時に有効です。

4.倍率

  本スキャンする画像の倍率を指定します。
  「1.0」で等倍です。

  例えば「2.0」を指定すれば、画像の横と高さのサイズが2倍になります。
  スキャン解像度も2倍になるので、画質が粗くなることはありません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション