kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Nautilusを起動する

  「Nautilus」を起動します。

  1-1.コンテキストメニューの表示(ドキュメントルートをNautilusで表示する場合)

    現在のドキュメントルートを「Nautilus」で表示する場合、以下のようにサブフォルダーがない場所を右クリックします。

    現在のドキュメントルート内のファイルを選択を選択し、右クリックしても良いです。


  1-2.コンテキストメニューの表示(サブフォルダーをNautilusで表示する場合)

    ドキュメントルートのサブフォルダーを「Nautilus」で表示する場合、以下のようにサブフォルダーを選択し右クリックします。


    サブフォルダー内のファイルを選択し、右クリックしても良いです。


  2.フォルダーを開く

    右クリックすると以下のメニューが表示されるので、「フォルダーを開く」をクリックします。


  3.Nautilusの起動

    以下のように「Nautilus」が起動し、選択されたパスのフォルダーが表示されます。


端末を起動する

  「端末」を起動します。

  1-1.コンテキストメニューの表示(ドキュメントルートをカレントディレクトリーにする場合)

    現在のドキュメントルートをカレントディレクトリーにする場合、以下のようにドキュメントルート内のファイルを選択し右クリックします。


  1-2.コンテキストメニューの表示(サブフォルダーをカレントディレクトリーにする場合)

    ドキュメントルートのサブフォルダーをカレントディレクトリーにする場合、以下のようにサブフォルダーを選択し右クリックします。


    サブフォルダー内のファイルを選択し、右クリックしても良いです。


  2.端末を開く

    右クリックすると以下のメニューが表示されるので、「この場所を端末で開く」をクリックします。


  3.端末の起動

    以下のように「端末」が起動し、選択されたパスがカレントディレクトリーに設定されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション