kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

geditのオプションをドキュメントに記述する

  「モードライン」プラグインは、「gedit」の設定をドキュメントに記述し、ドキュメントごとに設定を行うプラグインです。


  「gedit」の設定については、「geditの設定画面を表示する」を参考にしてください。

  ドキュメントごとにgeditの設定を指定できる

    デフォルトでは、「gedit」の設定はすべてのドキュメントに適用されます。

    ドキュメントによっては、タブ幅の設定やテキストの折り返しなどの設定を、個別に指定したい時があります。
    またドキュメントによっては、その設定を常に保持したい時もあります。

    「モードライン」プラグインを利用すれば、ドキュメントごとに「gedit」の設定を行うことができます。
    また各設定は直接ドキュメントに記述するため、後でドキュメントを開き直した時でも、ドキュメントに記述した設定が反映されます。

  モードラインとは

    各種設定を記述した行のことです。
    特定のフォーマットに従って設定を記述します。

  モードラインの種類

    「モードライン」の記述方法には、以下の3種類のスタイルがあります。

  • Vim
  • Emacs
  • Kate(Kubuntuのデフォルトのテキストエディター)

    既に上記のエディターで編集しているドキュメントを「gedit」で開いた際、記述されているモードラインの内容を「gedit」の設定に反映することができます。

    「gedit」で新規に「モードライン」を記述する場合、上記のいずれかの記述方法で「モードライン」を記述します。

  サポートしている設定

    「モードライン」に記述された設定をすべてサポートしているわけではありません。

    設定が反映されるのは「gedit」がサポートしている設定だけです。
    「gedit」がサポートしていない設定は無視されます。

プラグインを有効にする

  「モードライン」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「モードライン」にチェックを入れます。  


Vimモードラインの記述方法

  「Vim」のスタイルでモードラインを記述する方法です。


  モードラインの記述位置

    モードラインの記述は、ドキュメントの先頭3行以内に記述するか、もしくは、ドキュメントの末尾3行以内に記述します。

フォーマット1

  フォーマットは以下のようになります。

任意のテキスト vim: オプション オプション ・・・

  任意のテキスト

    任意のテキストを記述できます。
    省略可能です。

  vim

  「vim」の箇所は以下のいずれかの書き方も可能です。

  • vi
  • ex

  オプション

    設定を記述します。
    オプションの内容は後述します。

  記述例

    記述例です。
    テキストの折り返しを無効にし、ハイライトモードに「C/C++/ObjC のヘッダー」を指定しています。

// vim:nowrap ft=chdr

class myClass{
  public:
    myClass(int val);
    virtual ~myClass();

  public:
    int getValue();
    bool setValue(int val);

  private:
    int value;
};


フォーマット2

  以下のように記述することもできます。

任意のテキスト vim: set オプション オプション ・・・:任意のテキスト

  「フォーマット1」と異なり、最後に任意のテキストを記述できます。

  任意のテキスト

    任意のテキストを記述できます。
    省略可能です。

  vim

  「vim」の箇所は以下のいずれかの書き方も可能です。

  • vi
  • ex

  set

  「set」の箇所は「se」と記述しても良いです。

  オプション

    設定を記述します。
    オプションの内容は後述します。

  記述例

    記述例です。
    テキストの折り返しを無効にし、ハイライトモードに「C/C++/ObjC のヘッダー」を指定しています。

// vim:set nowrap ft=chdr:モードラインです。

class myClass{
  public:
    myClass(int val);
    virtual ~myClass();

  public:
    int getValue();
    bool setValue(int val);

  private:
    int value;
};


Vimモードラインで指定できるオプション

  Vimモードラインで指定できるオプションの一覧です。

  ファイルタイプ(ft, filetype)

    ドキュメントのファイルタイプを指定します。
    「gedit」ではここに記述されたファイルタイプを、ハイライトモードのモードに使用します。

    ファイルタイプの識別子は、「ファイルタイプの識別子について」を参考にしてください。

    記述例


vim:filetype=chdr

  タブの代わりにスペースを挿入する(et, expandtab)

    タブの代わりにスペースを挿入する設定です。

    設定を有効にする記述例


vim:expandtab

    設定を無効にする記述例


vim:noexpandtab

  タブの幅(ts, tabstop)

    タブの幅の設定です。

    記述例


vim:tabstop=4

  インデント幅(sw, shiftwidth)

    インデントの幅を指定します。
    インデントの幅を指定しなかった場合、インデント幅はタブの幅と同じになります。

    記述例


vim:shiftwidth=4

  テキストの折り返しを有効にする(wrap)

    テキストの折り返しを有効にする設定です。

    設定を有効にする記述例


vim:wrap

    設定を無効にする記述例


vim:nowrap

  行の右マージンを表示する(tw, textwidth)

    行の右マージンを表示する設定です。

    記述例


vim:textwidth=30


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション