kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

GO構文チェック

  GOの構文チェックでは、以下のチェックを行います。

  1.行の文字数チェック

    行の文字数が80文字以内に収まっているかチェックを行います。


  2.行末のスペース文字のチェック

    行末にスペース文字が含まれていないかチェックを行います。


  3.マージコンフリクトマーカーチェック

    文章にマージコンフリクトマーカーが含まれていないかチェックを行います。


テキストチェック

  今まで紹介した構文チェックの対象にならないファイルは、このテキストチェックによるチェックが行われます。
  ただし、ログファイルのチェックは行いません。

  テキストのチェックでは、以下のチェックを行います。

  1.行の文字数チェック

    行の文字数が80文字以内に収まっているかチェックを行います。


  2.行末のスペース文字のチェック

    行末にスペース文字が含まれていないかチェックを行います。


  3.マージコンフリクトマーカーチェック

    文章にマージコンフリクトマーカーが含まれていないかチェックを行います。


  8.改行コードチェック

    文章の改行コードにWindowsの改行コード(\r\n)が含まれていないかチェックを行います。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション