kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

検索オプションを指定する

  検索オプションを指定して検索を行います。
  検索オプションは、「Options」をクリックすると表示されます。


  検索オプションでは、以下の設定を行うことができます。

  • 正規表現で文字列を検索する
  • 大文字・小文字を区別して検索する
  • 検索対象のファイルを指定する

正規表現で文字列を検索する

  正規表現で文字列を検索します。

  1.正規表現を有効にする

    検索オプションを表示し、「Regular expression」のチェックをオンにします。


  2.検索する文字列の入力

    正規表現を使用して検索する文字列を入力します。


    正規表現はPythonの正規表現を利用します。    Pythonの正規表現については、「6.2. re — 正規表現操作」を参考にしてください。

  3.検索を行う

    検索を行うと、正規表現を使用して文字列の検索が行われます。


大文字・小文字を区別して検索する

  大文字・小文字を区別して検索します。

  1.オプションを有効にする

    検索オプションを表示し、「Match case」のチェックをオンにします。

  2.検索する文字列の入力

    正規表現を使用して検索する文字列を入力します。

  3.検索を行う

    検索を行うと、大文字・小文字を区別して文字列の検索が行われます。


検索対象のファイルを指定する

  検索対象のファイルを指定することができます。
  検索対象のファイルの指定は、ファイル名で行います。

  1.ファイル名の条件について

    検索対象にするファイルのファイル名の条件は、正規表現で入力します。


    正規表現はPythonの正規表現を利用します。
    Pythonの正規表現については、「6.2. re — 正規表現操作」を参考にしてください。
    

    履歴について

      右側のボタンをクリックすると、以下のように入力履歴が表示されます。
      履歴からファイル名の条件を入力することができます。


    「<Any Text File>」を選択するか、条件に空文字列を入力すると、ファイル名による検索対象の絞り込みは行いません。

  2.ファイル名の条件の入力

    検索対象にするファイルのファイル名の条件を正規表現で入力します。


  3.検索を行う

    検索を行うと、入力されたファイル名の条件に合うファイルを対象に、文字列の検索が行われます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション