kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

シェルコマンドの実行

  コマンダーからシェルコマンドを実行します。
  コマンダーから実行するシェルは、「dash」になります。

  カレントディレクトリーについて

    コマンダーからシェルコマンドを実行する際、カレントディレクトリーは、現在表示しているドキュメントのファイルがあるディレクトリーになります。

    もしドキュメントがファイルに関連付けられていない場合、ユーザーのホームフォルダー(~)がカレントディレクトリーになります。

  コマンドの実行方法

    シェルからコマンドを実行する際、以下の実行方法があります。

  1. フォアグラウンドでコマンドを実行する
  2. フォアグラウンドでコマンドを実行し、コマンドが出力した内容をドキュメントに挿入する
  3. バックグラウンドでコマンドを実行する

1.フォアグラウンドでコマンドを実行する

  コマンダーからシェルコマンドをフォアグラウンドで実行します。
  フォアグラウンドでコマンドを実行すると、コマンダーはコマンドが実行を完了するまで待機します。

  1.コマンドの入力

    実行したいコマンドを以下のフォーマットで入力します。

! コマンド


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    以下のようにコマンドの実行結果が情報ウィンドウに表示されます。


2.コマンドが出力した内容をドキュメントに挿入する

  フォアグラウンドでコマンドを実行し、コマンドが出力した内容をドキュメントに挿入します。
  挿入位置は、現在カーソル(キャレット)がある位置です。

  1.コマンドの入力

    実行したいコマンドを以下のフォーマットで入力します。

!! コマンド


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    以下のようにコマンドの実行結果がドキュメントに挿入されます。


3.バックグラウンドでコマンドを実行する 

  コマンダーからシェルコマンドをバックグラウンドで実行します。
  バックグラウンドで実行するため、コマンドの実行完了を待たず他の作業を行うことができます。


  1.コマンドの入力

    実行したいコマンドを以下のフォーマットで入力します。

!& コマンド


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    コマンドはバックグラウンドで実行されるため、何も表示されません。


コマンドの実行を中止する

  フォアグラウンドでコマンドを実行した場合、コマンドの実行を途中で中止することができます。

  1.コマンドの実行

    ここでは例として、以下のコマンドを実行します。


  2.実行中止

    情報ウィンドウの右上に中止ボタンが表示されるので、中止ボタンをクリックします。


  3.中止完了

    以下のようにコマンドが中止されます。


  4.情報ウィンドウを閉じる

    情報ウィンドウを閉じるには、コマンダーのフォーカスをセットし、「ESC」キーを押します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション