kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

正規表現を利用して文字列の検索や置き換えを行う

  正規表現を利用して文字列の検索や置き換えを行うコマンドです。

  検索や置き換えの方法

    検索や置き換えの方法には以下の方法があります。


  正規表現について

    正規表現はPythonの正規表現を使用します。
    Pythonの正規表現は、「6.2. re — 正規表現操作」を参考にしてください。

正規表現を利用して文字列を検索する

  大文字・小文字を区別して文字列を検索します。
  文字列の検索は正規表現で指定します。

  1.検索対象の設定

    検索対象はドキュメント全体、もしくは、選択範囲に限定することができます。

    ドキュメント全体を検索対象にする場合は、以下のようにテキストが選択されていない状態にします。
    また検索は、現在カーソル(キャレット)がある位置から行われ、ドキュメントの最後まで検索を行い、再度ドキュメントの頭からカーソル(キャレット)がある位置まで行われます。


    検索対象を選択範囲に限定したい場合は、以下のように検索対象のテキストを選択します。


  2.コマンドの入力

    以下のいずれかのフォーマットでコマンドを入力します。

r/ 検索する文字列
find.regex 検索する文字列


  3.文字列の検索

    「エンター」キーを押して文字列の検索を行います。
    検索条件にマッチする文字列が以下のように選択されます。


  4.次の文字列の検索

    「エンター」キーを押すと、次に条件にマッチする文字列の検索を行います。
    検索条件にマッチする文字列が見つかれば、以下のようにその文字列が選択されます。


  文字列が見つからなかった場合

    検索条件にマッチする文字列が見つからなかった場合や、最後まで検索を行った場合、以下のように表示されます。


  検索を中止する

    途中で検索を中止したい場合は、コマンダーにフォーカスがセットされている状態で「ESC」キーを押します。


検索途中で検索する文字列を変更する

  検索途中で検索する文字列を変更することができます。

  1.文字列の検索

    現状以下のように「.日」で文字列を検索しているとします。
 

  2.検索する文字列の変更

    検索する文字列を正規表現で入力します。


  3.文字列の検索

    「エンター」キーを押すと、入力された文字列で検索を行います。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション