kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

選択範囲の文字を大文字に変換する

  選択範囲の文字を大文字に変換します。

  コマンドのフォーマット

    文字を大文字に変換するコマンドは、以下のようになります。

format.upper

  1.文字の選択

    大文字に変換する文字を選択します。


    文字を選択しなかった場合は、現在カーソル(キャレット)がある位置から行末までが対象になります。

  2.コマンドの入力

    以下のようにコマンドを入力します。


  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行すると、選択範囲内の文字が全て大文字に変換されます。


選択範囲の文字を小文字に変換する

  選択範囲の文字を小文字に変換します。

  コマンドのフォーマット

    文字を小文字に変換するコマンドは、以下のようになります。

format.lower

  1.文字の選択

    小文字に変換する文字を選択します。


    文字を選択しなかった場合は、現在カーソル(キャレット)がある位置から行末までが対象になります。

  2.コマンドの入力

    以下のようにコマンドを入力します。


  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行すると、選択範囲内の文字が全て小文字に変換されます。


単語の頭字を大文字に変換する

  選択範囲の単語の頭字を大文字に変換します。

  コマンドのフォーマット

    単語の頭字を大文字に変換するコマンドは、以下のようになります。

format.title

  1.文字の選択

    頭字を大文字に変換する文字を選択します。


    文字を選択しなかった場合は、現在カーソル(キャレット)がある位置から行末までが対象になります。

  2.コマンドの入力

    以下のようにコマンドを入力します。


  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行すると、選択範囲内の単語の頭字が大文字に変換されます。


行末の空白文字を削除する

  行末の空白文字を削除します。
  空白文字とは、str.isspace()に該当する文字です。

  コマンドのフォーマット

    行末の空白文字を削除するコマンドは、以下のようになります。

format.remove-trailing-spaces

  1.行の選択

    行末の空白文字を削除する行を選択します。
    ドキュメント内のグレーの「・」文字は、空白文字を表しています。


    以下のように行の選択を行わなかった場合は、ドキュメント全体が対象になります。


  2.コマンドの入力

    以下のようにコマンドを入力します。


  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行すると、選択された行の行末の空白文字が削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション