kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ソースコードブラウザープラグイン

  「ソースコードブラウザー」プラグインは、ソースコードの関数や変数、クラスなどのシンボルを一覧表示する「gedit」のプラグインです。


  対応している言語

    「ソースコードブラウザー」プラグインは、以下の言語に対応しています。

  • Ant
  • Asm
  • Asp
  • Awk
  • Basic
  • BETA
  • C
  • C++
  • C#
  • Cobol
  • DosBatch
  • Eiffel
  • Erlang
  • Flex
  • Fortran
  • Go
  • HTML
  • Java
  • JavaScript
  • Lisp
  • Lua
  • Make
  • MatLab
  • ObjectiveC
  • OCaml
  • Pascal
  • Perl
  • PHP
  • Python
  • REXX
  • Ruby
  • Scheme
  • Sh
  • SLang
  • SML
  • SQL
  • Tcl
  • Tex
  • Vera
  • Verilog
  • VHDL
  • Vim
  • YACC

    「ソースコードブラウザー」プラグインは、ソースコードを解析するソフトウェアを指定することができるため、別の言語に対応したソフトウェアを用意すれば、異なる言語の解析も可能です。

    デフォルトで多くの言語に対応しているため、デフォルトのまま利用するのもよいでしょう。
    デフォルトでは、「ctags-exuberant」を使用します。

    注意

      上記のサポートしている言語をすべて利用できるとは限りません。

ソースコードブラウザープラグインのインストール

  「ソースコードブラウザー」プラグインのインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gedit-source-code-browser-plugin」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

プラグインを有効にする

  「ソースコードブラウザー」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Source Code Browser」にチェックを入れます。


プラグインを設定する

  「ソースコードブラウザー」プラグインを利用する前に、プラグインの設定を行うと良いでしょう。
  プラグインの設定画面を開くと、以下の画面が表示されます。


  Show line numbers in tree

    チェックをオンにすると、シンボルが存在する行番号を表示します。


    チェックをオフにすると、行番号を表示しません。

  Load symbols from remote files

    チェックをオンにすると、ネットワーク上のソースコードを読み込んだ時にシンボルの解析を行います。
    チェックをオフにすると、ネットワーク上のソースコードのシンボルの解析は行いません。

  Start with rows expanded

    チェックをオンにすると、シンボル解析後に各グループを展開します。


    チェックをオフにすると、シンボル解析後に各グループを展開しません。


  Sort list alphabetically

    チェックをオンにすると、シンボル解析後に各グループ及び各シンボルをアルファベット順に並び替えます。


    チェックをオフにすると、シンボル解析後に並び替えを行いません。
    基本的に行番号順(見つかった順)になります。


  ctags executable

    ソースコードの解析に使用するctagsもしくはctags互換ソフトウェアを指定します。
    デフォルトでは「ctags」が指定されていますが、Ubuntuで「ctags」を指定すると「ctags-exuberant」を使用します。

ソースコードブラウザーの使い方

  ソースコードブラウザーの使い方です。

  1.ソースコードブラウザーの表示

    「ソースコードブラウザー」はサイドパネルに表示されます。
    サイドパネルを表示し「Source Code」タブをクリックすれば、ソースコードの解析が行われます。


    ソースコードの解析はファイルを読み込んで行われるため、事前にドキュメントをファイルに保存しておいてください。

  2.グループ

    ソースコードの解析が行われると、以下のようにグループごとにシンボルが分けられます。


  3.シンボル

    グループを展開すると、以下のようにシンボルの一覧が表示されます。


  4.ソースコードに移動

    シンボルをダブルクリックすると、そのシンボルがある行にカーソル(キャレット)が移動します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション