kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

クラスブラウザープラグイン

  「クラスブラウザー」プラグインは、ソースコードの関数や変数、クラスなどのシンボルを一覧表示する「gedit」のプラグインです。


クラスブラウザーのインストール

  「クラスブラウザー」プラグインのインストールです。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:gedit-bc-dev-plugins/releases

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gedit-classbrowser3g-plugin」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

プラグインを有効にするRedirect Python tracebacks to gedit

  「クラスブラウザー」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Class Browser 3g」にチェックを入れます。


クラスブラウザーの使い方

  クラスブラウザーの使い方です。

  1.クラスブラウザーの使い方の表示

    「サイドパネル」を表示し、「クラスブラウザー」タブをクリックします。
    以下のように「クラスブラウザー」が表示されます。


  2.ソースコードの解析

    「クラスブラウザー」を表示すると、自動的にソースコードの解析を行い、シンボルの一覧を表示します。


  3.シンボルの一覧と展開

    シンボルは、ソースコードに記述されている順番で表示されます。 
    構造体やクラスなどのシンボルを展開すると、以下のようにメンバーのシンボルが表示されます。


シンボルの定義位置に移動する

  シンボルの定義位置に移動します。

  1.シンボルの選択

    シンボルの定義位置に移動したいシンボルを、「クラスブラウザー」で選択します。


  2.シンボルの定義位置に移動

    選択したシンボルをダブルクリックするか、右クリックして表示されるメニューから「移動」をクリックします。


  3.移動完了

    以下のようにシンボルが定義されている位置に、カーソル(キャレット)が移動します。


ソースコードからシンボルを選択する

  ソースコード上のカーソルの位置を変更すると、そのカーソルの位置にあるシンボルが「クラスブラウザー」で選択されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション