kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Open URI ContextMenuが動作しないバグ(2014/10/8)

  「Open URI ContextMenu」プラグインが動作しないバグがあります。

  「Open URI ContextMenu」プラグインを利用するには、ソースコードを修正する必要があります。
  修正箇所は全部で7箇所です。

  ソースコードを開く

    「root」で「gedit」を起動し、ソースコードを修正できるようにします。
    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo -i gedit /usr/lib/gedit/plugins/open-uri-context-menu/open-uri-context-menu.py


1.set_dataの修正

  「set_data」の修正です。

   1-1.修正箇所の確認  

    72行目の以下の箇所を修正します。


self.window.set_data(self.id_name, handler_ids)

  1-2.修正

    以下のように修正します。


setattr(self.window,self.id_name, handler_ids)

2.set_dataの修正

  「set_data」の修正です。

   2-1.修正箇所の確認  

    84行目の以下の箇所を修正します。


widget.set_data(self.id_name, None)

  2-2.修正

    以下のように修正します。


setattr(widget,self.id_name, None)

3.set_dataの修正

  「set_data」の修正です。

   3-1.修正箇所の確認  

    90行目の以下の箇所を修正します。


view.set_data(self.id_name, [handler_id])

  3-2.修正

    以下のように修正します。


setattr(view,self.id_name, [handler_id])

4.get_dataの修正

  「get_data」の修正です。

   4-1.修正箇所の確認  

    80行目の以下の箇所を修正します。


handler_ids = widget.get_data(self.id_name)

  4-2.修正

    以下のように修正します。


handler_ids = getattr(widget,self.id_name,None)

5.unicodeの修正

  「unicode」の修正です。

   5-1.修正箇所の確認  

    134行目の以下の箇所を修正します。


word = unicode(doc.get_text(start, insert, False))

  5-2.修正

    以下のように修正します。


word = str(doc.get_text(start, insert, False))

6.get_uriの修正

  「get_uri」の修正です。

   6-1.修正箇所の確認  

    199行目の以下の箇所を修正します。


doc_dir = self.window.get_active_document().get_uri()

  6-2.修正

    以下のように修正します。


doc_dir = self.window.get_active_document().get_uri_for_display()

7.elseの修正

  「else」の修正です。

   7-1.修正箇所の確認  

    189行目の以下の箇所を修正します。


else:

  7-2.修正

    以下のように修正します。


elif m.group(4) != None:


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション